【2021年】天皇賞・秋の過去傾向データと馬券予想

天皇賞・秋の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2020年10月31日に天皇賞・秋(秋天・天秋)が開催されます。このページでは天皇賞・秋の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】天皇賞・秋の概要と馬券のポイント

【東京】芝2000mコースイメージ

レース名天皇賞秋(秋天・天秋)
格付けGI
コース東京 芝2000m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・定量戦
1着賞金15,000万円

天皇賞・秋は東京芝2000mで行われるGI競走です。距離的に幅広い路線の馬が参戦しやすく、マイル・牝馬・3歳などバラエティに富んだメンバー構成となるレースです。

ココが馬券のポイント!
  1. 近年は1番人気強い
  2. 8枠は不利
  3. 勝負になるのは5歳くらいまで

【2021年】天皇賞秋の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム騎手
2020アーモンドアイ牝41:56.2Cルメール
2019レイデオロ牡41:56.8Cルメール
2018キタサンブラック牡52:08.3武豊
2017モーリス牡51:59.3Rムーア
2016ラブリーデイ牡51:58.4浜中俊
2015スピルバーグ牡51:59.7北村宏司
2014ジャスタウェイ牡41:57.5福永祐一
2013エイシンフラッシュ牡51:57.3Mデムーロ
2012トーセンジョーダン牡51:56.1Nピンナ
2011ブエナビスタ牝41:58.2Cスミヨン

過去10年では5歳馬が6勝と4歳馬が4勝しています。基本的には4~5歳馬が勝馬の可能性が高いレースですが近年は3歳馬の参戦も増えておりますので、傾向が変わるのか注目です。またタイムに関してはキタサンブラックの年を除くと「かなり時計が速い」というレースになります。

天皇賞秋・過去20年・過去30年の勝馬(結果)

天皇賞秋の過去20年、30年の勝馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2020アーモンドアイ牝41:56.2Cルメール
2019アーモンドアイ牝41:56.2Cルメール
2018レイデオロ牡41:56.8Cルメール
2017キタサンブラック牡52:08.3武豊
2016モーリス牡51:59.3Rムーア
2015ラブリーデイ牡51:58.4浜中俊
2014スピルバーグ牡51:59.7北村宏司
2013ジャスタウェイ牡41:57.5福永祐一
2012エイシンフラッシュ牡51:57.3Mデムーロ
2011トーセンジョーダン牡51:56.1Nピンナ
2010ブエナビスタ牝41:58.2Cスミヨン
2009カンパニー牡81:57.2横山典弘
2008ウオッカ牝41:57.2武豊
2007メイショウサムソン牡41:58.4武豊
2006ダイワメジャー牡51:58.8安藤勝己
2005ヘブンリーロマンス牝52:00.1松永幹夫
2004ゼンノロブロイ牡41:58.9Oペリエ
2003シンボリクリスエス牡41:58.0Oペリエ
2002シンボリクリスエス牡31:58.5岡部幸雄
2001アグネスデジタル牡42:02.0四位洋文
2000テイエムオペラオー牡41:59.9和田竜二
1999スペシャルウィーク牡41:58.0武豊
1998オフサイドトラップ牡71:59.3柴田善臣
1997エアグルーヴ牝41:59.0武豊
1996バブルガムフェロー牡31:58.7蛯名正義
1995サクラチトセオー牡51:58.8小島太
1994ネイハイシーザー牡41:58.9塩村克己
1993ヤマニンゼファー牡51:58.9柴田善臣
1992レッツゴーターキン牡51:58.6大崎昭一
1991プレクラスニー牡42:03.9江田照男
1990ヤエノムテキ牡51:58.2岡部幸雄
1989スーパークリーク牡41:59.1武豊
1988タマモクロス牡41:58.8南井克巳
1987ニッポーテーオー牡41:59.7郷原洋行
1986サクラユタカオー牡41:58.3小島太
1985ダイナギャロップ牡51:58.7根本康広
1984ミスターシービー牡41:59.3吉永正人

【2021年】天皇賞秋の人気別勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-2-1-250%70%80%
2番人気1-3-2-410%40%60%
3番人気0-1-1-80%10%20%

天皇賞秋の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気が高い勝率を誇っていますので3連複や3連単の相手としては外しにくいです。オールドファンからすると天皇賞・秋と言えば1番人気が勝てないレースだったんですけね。

一方で3番人気がやや不審。勝ちに行く分でこうなっているのか・・・しかし昨年度はサートゥルナーリアが参戦するなど有力な3歳馬が出走するケースが増えてきましたので傾向が変わるかもしれません。。

【2021年】天皇賞秋の過去の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-1-1-90%9%18%
4歳3-6-5-317%20%31%
5歳7-3-3-3614%20%27%
6歳0-0-1-270%0%4%
7歳0-0-0-180%0%0%
8歳0-0-0-80%0%0%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別で見ると勝馬をたくさん排出している5歳馬と4歳馬が近年好調です。近年参戦が増えている3歳馬はやや不振。

4歳と5歳が総じて優勢な一方、6歳以上は極端に不振。ちょっと前にカンパニーなどが勝利しているので高齢馬の活躍のイメージもありますが、10年で傾向が変わってきていると言えます。

【2021年】天皇賞秋の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-2-0-146%18%18%
2枠1-1-0-156%12%12%
3枠0-0-3-150%0%17%
4枠4-1-2-1221%26%37%
5枠1-3-0-155%21%21%
6枠2-1-1-1511%16%21%
7枠1-2-2-204%12%20%
8枠0-0-2-240%0%8%

枠順別のデータで見ると8枠が顕著に不利な数字なりました。東京2000mのコース形態的はスタート直後にコーナーがありますので不利なのは周知のことですが、このレースは特に不利です。

TOPクラスの馬が集まるこのレースでは、わずかなロスも命取りということでしょうか。

【2021年】天皇賞秋で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
毎日王冠11頭
宝塚記念7頭
札幌安田記念4頭
札幌記念3頭
セントライト記念2頭
天皇賞春2頭
オールカマー1頭
京都大賞典

過去10年で馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。毎日王冠組が相変わらず多いですが、宝塚記念からも直行組も強いレース。

・GI好走馬、前走GIの場合はは前走着順は無視してOK
・3歳馬の場合、前走が世代限定戦の場合は勝利が必須
・毎日王冠組以外で前走がGIIの場合は好走している馬がベター
・前走GIIIからの馬券内はなし

特に嫌う要素にはなりませんが、安田記念組と阪神大賞典組はレース間隔と適性の関係からポジティブとは言えなさそうです。

【2021年】天皇賞・秋のラップ傾向

天皇賞・秋のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.8秒
2F11.6秒
3F11.7秒
4F11.8秒
5F11.9秒
6F12.0秒
7F11.8秒
8F11.5秒
9F11.7秒
10F12.1秒

天皇賞・秋のラップ傾向です。このレベルでは珍しく後傾ラップの傾向が出ておりますので後半に脚をつかるタイプを狙いましょう。

【2021年】天皇賞秋の血統・種牡馬の傾向

母父
20201着ロードカナロアサンデーサイレンス
2着ディープインパクトGreen Tune
3着バゴクロフネ
20191着ロードカナロアサンデーサイレンス
2着ディープインパクトIntikhab
3着クロフネネオユニヴァース
20181着キングカメハメハシンボリクリスエス
2着ディープインパクトDeputyMinister
3着ルーラーシップディープインパクト

過去3年で馬券内に入った馬の血統です。特注はデピュティミニスター系です。毎年青文字のデピュティミニスター系が馬券になっていますので馬券検討の際に気をつけてみましょう。

2021年の天皇賞秋でデータ面から狙える馬

確認中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です