東京芝2000mの傾向データと特徴[2022年版]

東京競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

東京芝2000mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【東京競馬場】芝2000mのコース概要

【東京】芝2000mコースイメージ

直線高低差
525.9m2.7m
コースフルゲート一周距離
A18頭2,083.1m31~41m
B18頭2,101.9m28~38m
C16頭2,120.8m25~35m
D14頭2,139.6m22~32m

スタート地点は1コーナー奥のポケット地点。スタート後に100m進んだところで左に大きなカーブが設けられています。3コーナーまで542mありその後のポジション取りはしやすいコースです。3コーナー手前から緩やかな上り坂で、4コーナーにかけて少し下り坂。最後の直線は途中から高低差2.1mの緩やかな上り坂。

最後の直線は約525mと日本で2番目に長い直線です。水捌けが良いコースとされ、雨の後は内外のバイアスが出やすいコースです。

※直線距離はAコース時

東京芝2000mのコース解説

東京競馬場
画像引用:JRA

東京芝2000mは、天皇賞・秋などで主に使用されているコースです。下級条件でも開催がそれなりの数あるコースです。東京コースはアップダウンこそありますが、共通して言えるのは一定以上の上がりの脚が重要ということです。

東京競馬場のご当地馬主

馬主はそれぞれ所属する馬主協会というものがあります。各競馬場ごとに馬主協会が存在し、一般的に地元の競馬場に所属します。人間心理として地元では恥ずかしい競馬はしてほしくないと願うはずで、競馬場の開催替わりや開催最終週はご当地馬主の所有馬はコンディションがいいはずですので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ご当地馬主の記事はこちら

東京芝2000mで行われる重賞レース一覧

天皇賞(秋)

東京芝2000m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ15%29%40%
先行12%24%34%
差し8%17%26%
追込3%7%13%

東京芝2000mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬が序盤にポジションを取りが厳しいコースです。あまりここで厳しいラップになると辛いですが。ただし、差し・追込み馬の馬券絡みの勝率〜複勝率は他のコースよりも高い点は気をつけましょう。

東京芝2000m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気31%52%67%
2番人気22%47%58%
3番人気16%36%54%
4番人気8%22%40%
5番人気7%14%27%
6~10番人気3%6%10%
11~18番人気1%2%4%

人気順については、上位人気がそれなりに活躍しています。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

東京芝2000m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠14%26%35%
2枠 9%17%24%
3枠 8%17%28%
4枠 10%18%25%
5枠 8%18%28%
6枠 7%14%24%
7枠 8%15%22%
8枠 7%16%24%

枠順別のデータです。コース形態的に内枠が有利になりやすいコースです。できるだけ内枠から馬券検討を始めたいコースです。

東京芝2000m性別成績傾向データ

性別勝率連対率複勝率
牡馬10%18%27%
牝馬6%14%23%

性別傾向データです。やや牡馬の方が高い値が出ております。ただし人気には織り込まれております。それでもやや牡馬優勢と捉えておいて差し支えないでしょう。

東京芝2000m所属厩舎別傾向データ

所属勝率連対率複勝率
美浦9%16%25%
栗東8%20%30%

美浦・栗東の所属別の傾向データです。複勝圏まで見ると栗東の方がやや高い数字になっています。ただし関東馬の数字も良い方ではあります。この程度の差ならあまり意識する必要はないでしょう。

東京芝2000m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
ルメール30%44%62%
三浦皇成12%26%30%
石橋脩18%33%47%
田辺裕信11%18%30%
Mデムーロ13%23%43%
戸崎圭太9%23%36%
北村宏司12%22%27%
内田博幸8%13%18%
レーン26%58%74%
福永祐一15%33%33%

東京芝2000mの勝利数が多い騎手一覧です。ルメール騎手が安定の好成績。このコースは田辺騎手が少し他の東京芝コースよりも高い値が出ているので要注意です。

東京芝2000m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ディープインパクト13%26%38%
ハーツクライ9%22%32%
キングカメハメハ16%21%30%
ステイゴールド13%25%36%
ハービンジャー10%17%32%
スクリーンヒーロー22%28%34%
モーリス26%41%52%
オルフェーヴル11%22%36%

東京芝2000mで勝ち星が多い種牡馬です。ディープインパクトはイメージ通りとして、スクリーンヒーローが高い値になっています。またモーリスが急速に数字を伸ばしてきている点に注目です。

東京芝2000m父系統別傾向

系統勝率連対率複勝率
サンデー系9%18%28%
ノーザンD系6%15%25%
ミスプロ系13%17%23%
ロベルト系5%9%13%
その他系6%11%19%

大系統で見るとロベルト系が優勢です。これはモーリスが東京芝2000mで勝ち星を量産していることが要因です。今後も続くか注目したいところ。

東京芝2000mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前3F中盤後3Fタイム
新馬38.851.234.02:04.0
未勝利37.249.435.22:01.8
2歳OP・重賞
1勝クラス36.650.034.62:01.2
2勝クラス36.749.334.72:00.7
準OP・OP36.649.234.42:00.2
重賞36.048.534.81:59.3

クラス別のラップの傾向です。スタート後にコーナーがあるので前半3Fのラップがなかなか上がりません。そのため後半にかけてラップが上がっていく傾向です。後半3Fのラップはどのクラスでも34秒台とかなり厳しいラップですのでしまいがしっかりしていることが求められます。

東京芝2000m傾向データまとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 脚の傾向
    末脚
    1
    2
    3
    4
    5
    テンの脚
  • 枠の傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 重量傾向
    軽量馬
    1
    2
    3
    4
    5
    大型馬

最初のコーナーまでの距離が短く、序盤のラップは上がりにくいです。そのため、逃げ・先行有利の傾向になっています。枠はそのコース形態から内枠の方が優勢ですので、基本的には内枠で前に行ける馬から馬券を検討したいコースです。

東京競馬場

芝1400m    芝1600m    芝1800m    芝2000m    芝2300m    芝2400m    芝2500m    芝3400m   
ダート1300m  ダート1400m  ダート1600m  ダート2100m 
ダート2400m 

全競馬場コースデータ

札幌競馬場   函館競馬場   福島競馬場   新潟競馬場   中山競馬場   東京競馬場   中京競馬場   京都競馬場   阪神競馬場   小倉競馬場   地方競馬場   全競馬場一覧 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です