東京ダート1600mの傾向データと特徴[2021年版]

東京競馬場|ダート1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

東京ダート1600mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【東京競馬場】ダート1600mのコース概要

【東京】ダート1600mコースイメージ

スタート地点は2コーナー奥。芝スタートのコース形態です。最初の150mは芝コースを走りますが、内外で約30m分の芝を走れる距離が異なります。コーナーまでおよそ640mの直線。3~4コーナーはほぼ平坦です。

最後の直線は約501mと日本で最も長いコースとなっております。

東京ダート1600mで行われる重賞レース一覧

フェブラリーステークス
武蔵野ステークス
ユニコーンステークス

東京ダート1600m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ12%22%30%
先行12%23%32%
差し6%13%21%
追込2%5%8%

東京ダート1600mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬が芝コースを利して加速がつくのでポジションを取りやすいことも要因でしょうか。ただ長い直線ということもあり差し・追込み馬の複勝率は他のダートコースよりも高めに出ています。。

東京ダート1600m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気34%53%66%
2番人気20%39%53%
3番人気10%28%40%
4番人気9%19%29%
5番人気7%16%25%

人気順については、上位人気が強い傾向です。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

東京ダート1600m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠6%11%15%
2枠6%12%20%
3枠6%13%19%
4枠7%13%20%
5枠5%12%20%
6枠8%16%23%
7枠7%14%20%
8枠9%16%24%

枠順別のデータです。コース形態的に芝を長く走れる外が有利です。まずは外枠から馬券検討を開始しましょう。

東京ダート1600m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
ルメール26%43%52%
戸崎圭太18%33%43%
田辺裕信12%22%31%
三浦皇成9%17%24%
大野拓弥10%20%31%
内田博幸7%19%27%
横山典弘7%13%16%
デムーロ12%21%28%

東京ダート1600mの勝利数が多い騎手一覧です。ルメール騎手が安定の好成績。戸崎騎手や三浦騎手もケアしたいですね。

東京ダート1600m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ゴールドアリュール13%18%25%
ヘニーヒューズ13%24%35%
キングカメハメハ8%19%31%
パイロ11%18%23%
クロフネ7%14%20%
アイルハヴアナザー7%16%25%
ロードカナロア15%23%29%
Tapit38%48%55%

東京ダート1600mで勝ち星が多い種牡馬です。ゴールドアリュールが良いコースです。またTapitも母数少ないですが見かけたらケアしましょう。

東京ダート1600mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞
1勝クラス35.225.137.91:38.2
2勝クラス35.424.637.51:37.5
準OP・OP34.924.736.91:36.5
重賞35.024.436.41:35.8

クラス別のラップの傾向です。芝スタートということもあり前傾ラップです。またクラスが上がるごとに徐々にタイムが早くなるように絶対的なスピード(時計)が必要なコースです。時計勝負が苦手な馬は向きません。

東京ダート1600m傾向データまとめ

芝スタートということもあり前傾ラップになる傾向です。直線が長いこともあり最高速度が求められるコースです。逃げ・先行馬が傾向的には有利ですが序盤にペースが上がりすぎると、直線の長さで後ろも間に合うので、後ろだらけの決着になることも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です