【2022年】安田記念の過去傾向データと馬券予想

安田記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年6月に安田記念が開催されます。このページでは安田記念の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】安田記念の概要と馬券のポイント

【東京】芝1600mのコースイメージ

レース名安田記念(やすだきねん)
格付けGI
コース東京 芝1600m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・定量戦
1着賞金13,000万円

安田記念は東京芝1600mで行われるマイルの重賞(GI)競走です。近年は1600m~2000mを中心に使う馬が増えてきており、ここが春の目標とする馬と宝塚記念まで視野に入れたローテの馬に別れる傾向にあります。

【2022年】安田記念の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝4,760円1,200円1,920円
馬連2,950円650円5,670円
馬単12,090円2,840円13,660円
3連複8,860円840円3,690円
3連単110,420円11,240円43,720円

3年で見ると順当とまでは言えず、少し波乱要素を含んでいるというところでしょうか。

【2022年】安田記念の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度は平均的
  • 11秒台が続く厳しいラップになりやすい
  • 前走GIIの場合は着順はあまり意識しなくてOK

【2022年】安田記念過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ダノンキングリー牡51:31.7
2020グランアレグリア牝41:31.6
2019インディチャンプ牡41:30.9
2018モズアスコット牡41:31.3
2017サトノアラジン牡61:31.5
2016ロゴタイプ牡61:33.0
2015モーリス牡41:32.0
2014ジャスタウェイ牡51:36.8
2013ロードカナロア牡51:31.5
2012ストロングリターン牡61:31.3

安田記念の過去10年の勝ち馬です。近10年で見てもタイムは1分31秒台が当たり前になってきましたね。マイルで強い馬でないとこなすのが難しくなってきています。

安田記念過去20年・過去30年の勝馬(結果)

安田記念の過去20年、30年の勝ち馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2021ダノンキングリー牡51:31.7川田将雅
2020グランアレグリア牝41:31.6池添謙一
2019インディチャンプ牡41:30.9福永祐一
2018モズアスコット牡41:31.3C.ルメール
2017サトノアラジン牡61:31.5川田将雅
2016ロゴタイプ牡61:33.0田辺裕信
2015モーリス牡41:32.0川田将雅
2014ジャスタウェイ牡51:36.8柴田善臣
2013ロードカナロア牡51:31.5岩田康誠
2012ストロングリターン牡61:31.3福永祐一
2011リアルインパクト牡31:32.0戸崎圭太
2010ショウワモダン牡61:31.7後藤浩輝
2009ウオッカ牝51:33.5武豊
2008ウオッカ牝41:32.7岩田康誠
2007ダイワメジャー牡61:32.3安藤勝己
2006ブリッシュラック騸71:32.6B.プレブル
2005アサクサデンエン牡61:32.3藤田伸二
2004ツルマルボーイ牡61:32.6安藤勝己
2003アグネスデジタル牡61:32.1四位洋文
2002アドマイヤコジーン牡61:33.3後藤浩輝
2001ブラックホーク牡71:33.0横山典弘
2000フェアリーキングプローン騸51:33.9R.フラッド
1999エアジハード牡41:33.3蛯名正義
1998タイキシャトル牡41:37.5岡部幸雄
1997タイキブリザード牡61:33.8岡部幸雄
1996トロットサンダー牡71:33.1横山典弘
1995ハートレイク牡41:33.2武豊
1994ノースフライト牝41:33.2角田晃一
1993ヤマニンゼファー牡51:33.5柴田善臣
1992ヤマニンゼファー牡41:33.8田中勝春
1991ダイイチルビー牝41:33.8河内洋
1990オグリキャップ牡51:32.4武豊
1989バンブーメモリー牡41:34.3岡部幸雄
1988ニッポーテイオー牡51:34.2郷原洋行
1987フレッシュボイス牡41:35.7柴田政人
1986ギャロップダイナ牡61:35.5柴崎勇
1985ニホンピロウイナー牡51:35.1河内洋
1984ハッピープログレス牡61:37.8田原成貴

【2022年】安田記念の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-2-2-330%50%70%
2番人気1-1-1-710%20%30%
3番人気1-3-1-510%40%50%

安田記念の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気のみそれなりの複勝率を誇っていますが、2番人気はやや不振ということで基本的には人気薄の台頭をケアするレースです。

【2022年】安田記念の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-1-20%0%33%
4歳4-2-2-2612%18%24%
5歳3-5-3-426%15%21%
6歳3-2-3-377%11%18%
7歳0-1-1-150%6%12%
8歳0-0-0-100%0%0%
9歳~0-0-0-00%0%0%

馬齢別です。3歳はリアルインパクトの勝利がカウントされていますので率としては高いですが、この時期で古馬の一線級と戦うのはやや苦戦というのが基本トレンドでしょうか。4歳が次に優勢ですが5~6歳の数字が極端に悪いということもないので年齢を気にする必要はあまりないでしょう。

【2022年】安田記念の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-2-1-140%12%18%
2枠1-2-0-146%18%18%
3枠2-0-1-1611%11%16%
4枠0-2-2-150%11%21%
5枠4-0-0-1620%20%20%
6枠0-2-2-160%10%20%
7枠3-1-2-1713%17%26%
8枠0-1-2-220%4%12%

枠順別のデータを見ると外枠がやや優勢です。コース的に内外の差が出にくいコースではありますがロスなくスムーズに運べることが重要のようです。

【2022年】安田記念のラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.2秒
2F10.9秒
3F11.3秒
4F11.5秒
5F11.6秒
6F11.3秒
7F11.3秒
8F12.0秒

安田記念のラップ傾向です。起伏が少なめということもあり、一定のラップを刻むレースです。各ハロンのラップは早く、牝馬限定戦としてはきついラップです。

【2022年】安田記念で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
マイラーズC6頭
京王杯SC5頭
ヴィクトリアマイル4頭
高松宮記念3頭
海外3頭
大阪杯2頭
ダービー卿CT2頭
ダービー卿CT2頭
中山記念1頭
マイルCS1頭
NHKマイルC2頭
その他2頭

10年以内に馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。マイラーズC組が最も多いですね。そしてその次が京王杯SC、ヴィクトリアマイルの順です。総論としては一部の例外を除き前哨戦を使った方がベターと言えます。

・前走GII以上の場合は前走着順は気にしなくてOK
・前走GIIIの場合は連対以上の成績が欲しい

【2022年】安田記念の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ディープインパクトStorm Cat
2着ディープインパクトTapit
3着 KingmanSoldier Hollow
20201着ディープインパクトTapit
2着ロードカナロアサンデーサイレンス
3着ステイゴールドキングカメハメハ
20191着ステイゴールドキングカメハメハ
2着クロフネネオユニヴァース
3着ロードカナロアサンデーサイレンス

安田記念の近3年の傾向です。近年はアーモンドアイ、インディチャンプ、アエロリットがそれぞれ2回ずつ馬券絡みしていたので傾向とするかは微妙ですが(笑)、10年で俯瞰するとディープインパクト・ノーザンダンサー系が良いレースです。

【2022年】安田記念の注目馬

調査中

【2020年】マイルチャンピオンシップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2020年】マイルチャンピオンシップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策) 鳴尾記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】鳴尾記念の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です