【2021年】パラダイスステークスの過去傾向データと馬券予想

ウッドパイン競馬場賞パラダイスステークスの馬券予想の根拠データ(過去10年)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年6月28日にウッドパイン競馬場賞パラダイスステークス(パラダイスS)が開催されます。このページではパラダイスステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】パラダイスステークスの概要と馬券のポイント

【東京】芝1400mコースイメージ

レース名ウッドパイン競馬場賞パラダイスステークス(パラダイスS)
格付けリステッド
コース東京 芝1400m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金2,500万円

パラダイスステークスは東京芝1400mで行われるリステッド競走です。この後にサマーシリーズを控えているので、メンバーが集まることはあまりありません。1400m巧者が狙って使ってくるレースです。

ココが馬券のポイント!
  1. 固いか荒れるか極端なレース。
  2. 後傾ラップになりやすいレース
  3. ハンデについては傾向的には嫌う必要はない

【2021年】パラダイスステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2020アルーシャ牝51:23.4
2019ショウナンライズ牡61:21.3
2018ショウナンアンセム牡51:21.7
2017ウインガニオン牡51:20.9
2016マイネルアウラート牡51:21.0
2015スマートオリオン牡51:20.5
2014ミトラセ61:22.5
2013レッドスパーダ牡61:20.1
2012開催なし
2011トライアンフマーチ牡51:22.0

パラダイスステークスの過去10年(開催8回)の勝馬です。決着タイムは1分20~21秒台と早い傾向にありますので、早い決着に強い馬がベターかと思います。

【2021年】パラダイスステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-1-2-422%33%56%
2番人気2-1-1-522%33%44%
3番人気2-3-0-433%56%56%

パラダイスステークスの過去10年(開催9回)の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気はすべて複勝率50%超と高い複勝率を誇っていますので、基本的には固い決着のレースが多いのですが、反面、昨年は人気薄決着となっており「固いor荒れる」という決め打ちに向いているレースかもしれません。

【2021年】パラダイスステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-30%0%0%
4歳0-2-2-60%18%36%
5歳5-4-3-2117%28%36%
6歳2-0-2-246%6%13%
7歳1-2-0-144%17%21%
8歳0-0-0-40%0%0%
9歳~0-0-0-10%0%0%

馬齢別で見ると5歳馬が優勢です。昨年は牝馬5歳馬のアルーシャが勝っています。3歳馬のこの時期にいきなりオープンに通用するならクラシック主役でしょうから、そういうレベルでなければ3歳はオミットでも良さそう。(今年は3歳の出走予定馬はいません)

4歳馬サンプルが少なく勝馬もいませんが、複勝率では悪くありません。

【2021年】パラダイスステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-1-1-718%27%36%
2枠1-0-0-109%9%9%
3枠0-2-1-90%17%25%
4枠2-1-1-1113%20%27%
5枠3-2-0-1119%31%31%
6枠1-2-2-116%19%31%
7枠0-1-3-130%6%24%
8枠0-0-1-160%0%6%

枠順別のデータを見ると最内枠と真ん中の枠が優勢です。過去のレース映像を見る限り、道中〜直線で馬場の良いところを選びやすいというのが要因に見えます。

真ん中の馬が外に出てきたりするので、極端な外差しにならない限りは、大外枠は不利と思った方が良いかもしれません。(逃げ馬・先行馬を除く)

【2021年】パラダイスステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ3頭
53.0~53.5キロ0頭
54.0~54.5キロ8頭
55.0~55.5キロ1頭
56.0~56.5キロ9頭
57.0~57.5キロ3頭
58キロ〜1頭

ハンデ戦ではありますが、実績馬(高ハンデ)も実績を残しているレースです。ハンデで嫌う必要はない位に捉えておけばいいと思います。

【2021年】パラダイスステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.3秒
3F11.6秒
4F11.7秒
5F11.3秒
6F11.3秒
7F11.9秒

パラダイスステークスのラップ傾向です。このコースは重賞以上になると前がかりになりますが、OPクラスですと前半が遅く後傾ラップになります。前半の時計が早くならない限りは、先行〜中盤から脚を使える馬が良いでしょう。

【2021年】パラダイスステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20201着ディープインパクトTapit
2着ジャングルポケットダンスインザダーク
3着アドマイヤムーンゼンノエルシド
20191着ダイワメジャーRahy
2着メイショウボーラーゴールドアリュール
3着ハーツクライSeeking the Gold
20181着ジャングルポケットクロフネ
2着マツリダゴッホチーフベアハート
3着ローレルゲレイロコマンダーインチーフ

パラダイスステークスの近3年の傾向です。ダイワメジャーやハーツクライ、ディープインパクトなどが東京1400mでは優秀な種牡馬なのですが、その傾向通りです。

【2021年】パラダイスステークスの注目馬

調査中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です