【2021年】宝塚記念の過去傾向データと馬券予想

宝塚記念の馬券予想の根拠データ(過去10年)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年6月27日に宝塚記念が開催されます。このページでは宝塚記念の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】宝塚記念の概要と馬券のポイント

【阪神】芝2200mコースイメージ

レース名宝塚記念(たからづかきねん)
格付けGI
コース阪神 芝2200m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・定量戦
1着賞金15,000万円

宝塚記念は阪神芝2200mで行われるGI競走です。有馬記念と同様にファン投票で行われます。阪神2200mの重賞はこのレースしかなく、各馬の適性を見極めるのが難しいレースです。

ココが馬券のポイント!
  1. 4~5歳馬が好調なレース。
  2. 外枠が有利なレース。まずは外枠から馬券検討を。
  3. トニービン内包や凱旋門賞馬など長距離血統が強い。

【2021年】宝塚記念の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム騎手
2020クロノジェネシス牝42:13.5北村友一
2019リスグラシュー牝52:10.8D.レーン
2018ミッキーロケット牡52:11.6和田竜二
2017サトノクラウン牡52:11.4M.デムーロ
2016マリアライト牝52:12.8蛯名正義
2015ラブリーデイ牡52:14.4川田将雅
2014ゴールドシップ牡52:13.9横山典弘
2013ゴールドシップ牡42:13.2内田博幸
2012オルフェーヴル牡42:10.9池添謙一
2011アーネストリー牡62:10.1佐藤哲三

過去5年では5歳馬が4勝しています。このレースは日本人騎手が強いレースだったのですが、過去5年の傾向で見ると、他のレースと同様に外国人騎手の活躍が目立ち始めてきました

宝塚記念・過去20年・過去30年の勝馬(結果)

宝塚記念の過去20年、30年の勝馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2020クロノジェネシス牝42:13.5北村友一
2019リスグラシュー牝52:10.8D.レーン
2018ミッキーロケット牡52:11.6和田竜二
2017サトノクラウン牡52:11.4M.デムーロ
2016マリアライト牝52:12.8蛯名正義
2015ラブリーデイ牡52:14.4川田将雅
2014ゴールドシップ牡52:13.9横山典弘
2013ゴールドシップ牡42:13.2内田博幸
2012オルフェーヴル牡42:10.9池添謙一
2011アーネストリー牡62:10.1佐藤哲三
2010ナカヤマフェスタ牡42:13.0柴田善臣
2009ドリームジャーニー牡52:11.3池添謙一
2008エイシンデピュティ牡62:15.3内田博幸
2007アドマイヤムーン牡42:12.4岩田康誠
2006ディープインパクト牡42:13.0武豊
2005スイープトウショウ牝42:11.5池添謙一
2004タップダンスシチー牡72:11.1佐藤哲三
2003ヒシミラクル牡42.12.0角田晃一
2002ダンツフレーム牡42:12.9藤田伸二
2001メイショウドトウ牡52:11.7安田康彦
2000テイエムオペラオー牡42:13.8和田竜二
1999グラスワンダー牡42:12.1的場均
1998サイレンススズカ牡42:11.9南井克巳
1997マーベラスサンデー牡42:11.9武豊
1996マヤノトップガン牡42:12.0田原成貴
1995ダンツシアトル牡52:10.2村本善之
1994ビワハヤヒデ牡42:11.2岡部幸雄
1993メジロマックイーン牡62:17.7武豊
1992メジロパーマー牡52:18.6山田泰誠
1991メジロライアン牡42:13.6横山典弘
1990オサイチジョージ牡42:14.0丸山勝秀
1989イナリワン牡52:14.0武豊
1988タマモクロス牡42:13.2南井克巳
1987スズパレード牡62:12.3蛯沢誠治
1986パーシャンボーイ牡42:14.4柴田政人
1985スズカコバン牡52:15.9村本善之
1984カツラギエース牡42:12.4西浦勝一

【2021年】宝塚記念の人気別勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-3-1-420%50%60%
2番人気2-1-1-620%30%40%
3番人気2-0-1-720%20%30%
4番人気0-0-1-90%0%10%
5番人気0-2-0-80%20%20%

宝塚記念の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1〜3番人気が勝率2割ずつと高い勝率を誇っていますので3連複や3連単の相手としては外しにくいです。

一方で3番人気、4番人気、5番人気がやや不審。勝ちに行く分でこうなっているのか、阪神2,200mという特殊性から起こっているのか・・・

このため、人気薄でいいと思う馬がいれば、4~5番人気よりも積極的に馬券の軸や相手としたいですね。

【2021年】宝塚記念の過去の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-10%0%0%
4歳5-2-4-3311%16%25%
5歳6-4-5-3712%19%29%
6歳0-3-0-300%9%9%
7歳0-1-0-120%8%8%
8歳0-0-0-90%0%0%
9歳0-0-0-10%0%0%

馬齢別で見ると5歳馬が優勢です。4歳馬も近年好調です。

4歳の場合はクラシック→年明け1~2戦で挑むことになりますが、特に牡馬クラシックは根幹距離中心。宝塚記念は、有馬記念を使っていない限り、ほぼ初めての特殊なコースになります。ただ近年は使い分けで適性が一番ありそうな馬が出走してきています。

5歳ともなるとある程度適性もハッキリしていることや、このレースで勝負になる馬を出してくることが要因だと思われます。

【2021年】宝塚記念の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-1-4-110%6%31%
2枠1-1-1-1311%13%19%
3枠0-0-1-140%0%7%
4枠0-3-0-130%19%19%
5枠0-2-0-160%11%11%
6枠1-0-1-185%5%10%
7枠0-2-1-180%10%14%
8枠8-0-2-1236%36%45%

枠順別のデータで見ると8枠が顕著な数字なりました。阪神2200mのコース形態的はスタート直後の直線が長いため、外枠から馬を見ていけるというのが有利に働いていると思います。

8枠に本命馬や人気薄で面白いという馬が入ったときには心強いデータです。

【2021年】宝塚記念で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
天皇賞・春9頭
ヴィクトリアマイル4頭
鳴尾記念4頭
大阪杯3頭
目黒記念2頭
金鯱賞2頭
メトロポリタン1頭
海外6頭
安田記念0頭

過去10年で馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。海外が増えてきていることと大阪杯が徐々にステップレース化してきたかなという印象です。

・GIで揉まれている
・阪神コースを直近で経験
・海外に行くくらい元々強い馬
・ステップレースで好走

特に嫌う要素にはなりませんが、安田記念組と阪神大賞典組はレース間隔と適性の関係からポジティブとは言えなさそうです。

【2021年】宝塚記念のラップ傾向

宝塚記念のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.1秒
3F11.4秒
4F12.6秒
5F12.4秒
6F12.1秒
7F12.2秒
8F12.1秒
9F11.8秒
10F11.9秒
11F12.3秒

宝塚記念のラップ傾向です。起伏が少なめということもあり、一定のラップを刻むレースです。各ハロンのラップは早く、牝馬限定戦としてはきついラップです。

【2021年】宝塚記念で馬券になった馬の血統(父馬)

前走馬券内の頭数
ディープインパクト6
キングカメハメハ5
ステイゴールド4
ハーツクライ3
ルーラーシップ2
スペシャルウィーク1
Marju1
スクリーンヒーロー1
Tavistock1
ブラックタイド1
ディープブリランテ1
マンハッタンカフェ1
ジャングルポケット1
バゴ1
グラスワンダー1

過去10年で馬券内に入った馬の血統です。ディープインパクトやハーツクライなどが優勢です。しかし、ディープインパクトに関しては過去3年で馬券内に1頭も馬券に入っておらず、少し気になるところです。

【2021年】宝塚記念の血統・種牡馬の傾向

母父
20201着バゴクロフネ
2着ルーラーシップディープインパクト
3着ディープブリランテHarlan’s Holiday
20191着ハーツクライAmerican Post
2着ルーラーシップディープインパクト
3着ハーツクライUnbridled’s Song
20181着キングカメハメハPivotal
2着TavistockBagalollies
3着ジャングルポケットSilverHawk

宝塚記念の過去3年間の馬券圏内の馬の血統です。父ディープインパクトがおらず、ハーツクライやジャングルポケットなどの長距離に強いトニービン内包の馬の活躍が目立ちます。また2018年には父モンジュー系のワーザーが馬券に絡むなど、長距離に強い系統の活躍が目立ちます。

2021年の宝塚記念でデータ面から狙える馬

確認中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です