【2022年】優駿牝馬(オークス)の過去傾向データと馬券予想

優駿牝馬(オークス)の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年5月に優駿牝馬(オークス)が開催されます。このページではオークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】優駿牝馬(オークス)の概要と馬券のポイント

【東京】芝2400mコースイメージ

レース名優駿牝馬(オークス)
格付けGI
コース東京 芝2400m
条件サラ系3歳牝馬(国際)(特指)・定量戦
1着賞金11,000万円

優駿牝馬(オークス)は東京芝2400mで行われる重賞(GI)です。3歳牝馬クラシック路線の2つ目のレースです。近年はこの距離に適性のない馬は最初からNHKマイルカップに向かうことも多く、同世代の牝馬の中では相対的に適性があると思われる馬が集まるレースになっています。

【2022年】優駿牝馬(オークス)の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝
馬連
馬単
3連複
3連単

3年で見ると順当とまでは言えず、少し波乱要素を含んでいるというところでしょうか。

【2022年】優駿牝馬(オークス)の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 頭の上位人気の信頼度は高い
  • 厳しいラップになりやすい
  • 内枠有利

【2022年】優駿牝馬(オークス)過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ユーバーレーベン牝32:24.5
2020デアリングタクト牝32:24.4
2019ラヴズオンリーユー牝32:22.8
2018アーモンドアイ牝32:23.8
2017ソウルスターリング牝32:24.1
2016シンハライト牝32:25.0
2015ミッキークイーン牝32:25.0
2014ヌーヴォレコルト牝32:25.8
2013メイショウマンボ牝32:25.2
2012ジェンティルドンナ牝32:23.6

優駿牝馬(オークス)の過去10年の勝ち馬です。振り返ると近年は牡馬とも戦えるような牝馬がオークスを制しています。またその勝ち時計はダービーと比較しても見劣らない水準です。牝馬のレベル向上を改めて認識するとともに、勝ち馬という視点で見ると人気薄というのは期待しにくいのかもしれません。

優駿牝馬(オークス)・過去20年・過去30年の勝馬(結果)

優駿牝馬(オークス)の過去20年、30年の勝馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2021ユーバーレーベン牝32:24.5M.デムーロ
2020デアリングタクト牝32:24.4松山弘平
2019ラヴズオンリーユー牝32:22.8M.デムーロ
2018アーモンドアイ牝32:23.8C.ルメール
2017ソウルスターリング牝32:24.1C.ルメール
2016シンハライト牝32:25.0池添謙一
2015ミッキークイーン牝32:25.0浜中俊
2014ヌーヴォレコルト牝32:25.8岩田康誠
2013メイショウマンボ牝32:25.2武幸四郎
2012ジェンティルドンナ牝32:23.6川田将雅
2011エリンコート牝32:25.7後藤浩輝
2010(同着)アパパネ・サンテミリオン牝32:29.9蛯名正義/横山典弘
2009ブエナビスタ牝32:26.1安藤勝己
2008トールポピー牝32:28.8池添謙一
2007ローブデコルテ牝32:25.3福永祐一
2006カワカミプリンセス牝32:26.2本田優
2005シーザリオ牝32:28.8福永祐一
2004ダイワエルシエーロ牝32:27.2福永祐一
2003スティルインラブ牝32:27.5幸英明
2002スマイルトゥモロー牝32:27.7吉田豊
2001レディパステル牝32:26.3K.デザーモ
2000シルクプリマドンナ牝32:30.2藤田伸二
1999ウメノファイバー牝32:26.9蛯名正義
1998エリモエクセル牝32:28.1的場均
1997メジロドーベル牝32:27.7吉田豊
1996エアグルーヴ牝32:29.1武豊
1995ダンスパートナー牝32:26.7武豊
1994チョウカイキャロル牝32:27.5小島貞博
1993ベガ牝32:27.3武豊
1992アドラーブル牝32:28.9村本善之
1991イソノルーブル牝32:27.8松永幹夫
1990エイシンサニー牝32:26.1岸滋彦
1989ライトカラー牝32:29.0田島良保
1988コスモドリーム牝32:28.3熊沢重文
1987マックスビューティ牝32:30.9田原成貴
1986メジロラモーヌ牝32:29.6河内洋
1985ノアノハコブネ牝32:30.7音無秀孝
1984トウカイローマン牝32:31.9岡冨俊一

※2010年は2頭が1着で同着。

【2022年】優駿牝馬(オークス)の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-2-1-250%70%80%
2番人気1-3-3-310%40%70%
3番人気3-0-1-630%30%40%

優駿牝馬(オークス)の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。過去10年で3番人気以内から8頭が勝利しているように頭は人気馬が強いレースです。

【2022年】優駿牝馬(オークス)の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別は世代限定戦のためありません。

【2022年】優駿牝馬(オークス)の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-2-2-155%15%25%
2枠3-0-1-1417%17%22%
3枠0-0-2-180%0%10%
4枠0-1-2-170%5%15%
5枠3-3-0-1415%30%30%
6枠0-0-0-200%0%0%
7枠3-3-1-2011%22%26%
8枠0-1-2-270%3%10%

枠順別のデータを見ると1~2枠と7枠が優勢な結果となっております。内がいいのはこの時期の東京の特徴でもありますが、外も馬券になっているのは個体の差でしょうね(アーモンドアイやラヴズオンリーユーやジェンティルドンナが7枠)。

【2022年】優駿牝馬(オークス)のラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.0秒
3F12.1秒
4F12.3秒
5F12.2秒
6F12.3秒
7F12.5秒
8F12.3秒
9F12.2秒
10F11.7秒
11F11.5秒
12F11.8秒

優駿牝馬(オークス)のラップ傾向です。起伏が少なめということもあり、一定のラップを刻むレースです。各ハロンのラップは早いので力のない先行馬には厳しいレースです。

【2022年】優駿牝馬(オークス)で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
桜花賞17頭
フローラS8頭
忘れな草賞3頭
スイートピーS1頭
皐月賞1頭
矢車賞1頭

GI昇格後に馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。流石に桜花賞組が多いですが、フローラS組と忘れな草賞組もイメージより多いですね。

・前走大敗からの巻き返しは1頭(桜花賞組のみ)
・前走馬券外の場合は前走で上位人気であることが重要

【2022年】優駿牝馬(オークス)の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ゴールドシップロージズインメイ
2着ディープインパクトキングカメハメハ
3着キズナアドマイヤムーン
20201着エピファネイアキングカメハメハ
2着スクリーンヒーローFusaichi Pegasus
3着ゴールドシップカコイーシーズ
20191着ディープインパクトStormCat
2着ディープインパクトScatDaddy
3着バゴクロフネ

優駿牝馬(オークス)の近3年の傾向です。個体の能力差が大きそうですがクロフネ産駒には少し気を払いたいと思います。

【2022年】優駿牝馬(オークス)の注目馬

調査中

東京競馬場|芝2400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝2400mの傾向データと特徴[2021年版] 平安ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】平安ステークスの過去傾向データと馬券予想 鳳雛ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】鳳雛ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です