【2022年】共同通信杯の過去傾向データと馬券予想

共同通信杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年2月に共同通信杯が開催されます。このページでは共同通信杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】共同通信杯の概要と馬券のポイント

【東京】芝1800mコースイメージ

レース名共同通信杯<トキノミノル記念>(きょうどうつうしんはい)
格付けGIII
コース東京 芝1800m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
1着賞金3,800万円

共同通信杯は東京芝1800mで行われる3歳限定の重賞(GIII競走)です。近年ではクラシックのステップレースの重要なレースの1つとして、かなりにメンバーが集まるレースとなっています。

【2022年】共同通信杯の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝680円600円420円
馬連8,120円2,580円330円
馬単11,530円4,540円800円
3連複10,520円2,460円390円
3連単67,820円16,600円2,170円

3年で見ると頭は順当な方の重賞と言えます。基本的特性は順当傾向で良いと思います。

【2022年】共同通信杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 馬券は6番人気以内の馬から検討。
  2. 枠順の傾向は内枠を念頭に。
  3. 血統傾向は偏りが少ないレースか。

【2022年】共同通信杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021エフフォーリア牡31:47.6
2020ダーリントンホール牡31:49.6
2019ダノンキングリー牡31:46.8
2018オウケンムーン牡31:47.4
2017スワーヴリチャード牡31:47.5
2016ディーマジェスティ牡31:47.4
2015リアルスティール牡31:47.1
2014イスラボニータ牡31:48.1
2013メイケイペガスター牡31:46.0
2012ゴールドシップ牡31:48.3

共同通信杯の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見てもその後のクラシックやGI戦線で活躍している馬が多数ですね。非常にレベルの高い馬が集まるレースです。今までは弥生賞にメンバーが集まっていましたが、近年はこのレースと弥生賞にメンバーがバラける傾向にありますので、GI戦線まで見据えた馬券の検討が必要です。

【2022年】共同通信杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-3-2-410%40%60%
2番人気2-1-2-520%30%50%
3番人気3-2-2-330%50%70%

共同通信杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~3番人気が過去10年で18頭(前30頭)馬券になっております。この数字だけ見ると人気馬決着とは言い切れないレースに見えますが、勝馬に限ると4番人気以内から出ており、7番人気以下が馬券に絡んだのは10年でわずかに2頭(しかも両方3着)と、6番人気以内の馬の順位検討・・・という質のレースです。

【2022年】共同通信杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2022年】共同通信杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠3-1-0-630%40%40%
2枠0-3-0-70%30%30%
3枠1-0-0-109%9%9%
4枠1-1-5-49%18%64%
5枠2-0-0-1214%14%14%
6枠2-1-2-1113%19%31%
7枠1-3-3-116%22%39%
8枠0-1-1-160%6%11%

枠順別のデータを見ると内枠が優勢です。基本的には内枠から馬券を検討するレースです。10年で2頭馬券に絡んだ7番人気以下の穴馬も内枠(両方4枠)の馬でした。

東京競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1800mの傾向データと特徴[2021年版]

【2022年】共同通信杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.9秒
2F11.5秒
3F12.1秒
4F12.4秒
5F12.4秒
6F12.1秒
7F11.4秒
8F11.2秒
9F11.6秒

共同通信杯のラップ傾向です。基本的に前半〜中盤がとても遅いレースです。歩いて最後に走るようなイメージでうす。その為、ある程度の位置につけておかないと前を差し切るというのは難しいレースです。

【2022年】共同通信杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着エピファネイアハーツクライ
2着ハーツクライGalileo
3着ディープインパクトEssence of Dubai
20201着New ApproachPivotal
2着オルフェーヴルAfleet Alex
3着ディープインパクトRossini
20191着ディープインパクトStome Cat
2着ダイワメジャーMedicean
3着キングカメハメハタニノギムレット

共同通信杯の近3年の血統傾向です。クラシックへの登竜門の一つということで、リーディング上位の種牡馬の活躍が目立ちます。基本的にはクラシックに強い血統の馬を念頭に馬券を組み立てたいですね。

【2022年】共同通信杯の注目馬

想定が出次第更新いたします。

東京競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1800mの傾向データと特徴[2021年版] クイーンカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】クイーンカップの過去傾向データと馬券予想 京都記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】京都記念の過去傾向データと馬券予想 洛陽ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】洛陽ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です