【2023年】京王杯スプリングカップの過去傾向データと馬券予想

京王杯スプリングカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年5月に京王杯スプリングカップが開催されます。このページでは京王杯スプリングカップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】京王杯スプリングカップの概要と馬券のポイント

【東京】芝1400mコースイメージ

名称京王杯スプリングカップ(京王杯SC/けいおうはいすぷりんぐかっぷ)
格付けGII
コース東京 芝1400m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 5,900万円

京王杯スプリングカップは東京の芝1400mで行われるレースです。安田記念の前哨戦としての意味合いが強いレースです。また1400mが最高適性の馬が狙ってくるレースでもあります。

京王杯スプリングカップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の成績は平均的かやや低い
  • 内枠と外枠はイーブン
  • ロードカナロアは要注目

京王杯スプリングカップのコース解説

京王杯スプリングカップが行われる東京芝1400mのスタート地点は向こう正面の真ん中付近。スタートから3コーナーまで緩やかに上ってその後直線手前まで下り坂です。直線には2.1mの上り坂があります。最後の直線は約525mと日本で2番目に長く、差し・追い込み勝率は他のコースよりは高いのですが、コーナー半周も大きく息が入りやすいため、逃げ・先行の値も高くなっています。

東京芝1400mの詳細データはこちら

【2023年】京王杯スプリングカップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022メイケイエール牝41:20.2
2021ラウダシオン牡41:19.8
2020ダノンスマッシュ牡51:19.8
2019タワーオブロンドン牡41:19.4
2018ムーンクエイクセ51:19.5
2017レッドファルクス牡61:23.2
2016サトノアラジン牡71:19.6
2015サクラゴスペル牡51:21.6
2014レッドスパーダ牡81:19.7
2013ダイワマッジョーレ牡41:20.6

過去10年の勝ち馬です。近年はタイムはとにかく早いです。2020年なんて稍重ですからね。「1分20秒を切れるレベルの馬でないと厳しい」くらいのイメージを持って馬券を検討する必要があります。

【2023年】京王杯スプリングカップの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気4-0-0-640%40%40%
2番人気1-3-4-210%40%80%
3番人気2-0-0-820%20%20%

京王杯スプリングカップの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬の馬券内のあまり高くないレースです。強いて言えば2番人気の複勝率くらいでしょうか。

京王杯スプリングカップの配当傾向

単勝3連複3連単
2022310円3,080円10,470円
20211,640円19,130円113,390円
2020300円26,110円115,050円
2019210円990円3,660円
2018710円11,860円76,780円
2017500円29,390円179,770円
2016450円6,590円39,380円
2015870円16,010円83,940円
20143,840円16,300円162,220円
2013470円10,170円47,540円
平均930円13,963円83,220円

10年で見ると順当とまでは言えず、少しではありますが波乱要素を含んでいるというところでしょうか。

東京競馬場の配当傾向

京王杯スプリングカップが行われる東京競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】京王杯スプリングカップの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳4-0-5-3310%10%21%
5歳3-4-3-396%14%20%
6歳1-3-2-313%11%16%
7歳1-2-0-136%19%19%
8歳1-1-0-99%18%18%
9歳~0-0-0-00%0%0%

馬齢別データを見ていきます。結構幅広い年齢が馬券に絡んでいるなという印象です。1400mはスペシャリストが生まれやすい条件でもあるのも影響しているので消化。年齢だけで切るというのは控えたいレースです。

【2023年】京王杯スプリングカップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-2-140%0%13%
2枠 0-1-2-140%6%18%
3枠 1-0-3-136%6%24%
4枠 0-2-1-160%11%16%
5枠 4-0-0-1620%20%20%
6枠 1-2-1-165%15%20%
7枠 2-2-1-189%17%22%
8枠 2-3-0-198%21%21%

枠順別のデータを見ると馬券内で考える内外はやや外枠有利です。内枠も馬券絡みはありますので神経質になる程ではありませんが、やや外枠は意識して馬券を組み立てましょう。

【2023年】京王杯スプリングカップのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.4秒
2F11.0秒
3F11.3秒
4F11.5秒
5F11.2秒
6F11.2秒
7F11.8秒

京王杯スプリングカップのラップ傾向です。テンの1Fはそこまで早くないのですが、その後11秒台のラップで推移します。道中一度も息が入る場面がないので、力のない先行馬には厳しいレースです。

【2023年】京王杯スプリングカップの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ミッキーアイルハービンジャー
2着エピファネイアキングカメハメハ
3着ロードカナロアアドマイヤベガ
20211着リアルインパクトSongandaprayer
2着ドリームジャーニーアドマイヤコジーン
3着ロードカナロアSmart Strike
20201着ロードカナロアHard Spun
2着ロードカナロアファルブラヴ
3着ロードカナロアスペシャルウィーク
20191着Raven’sPassDalakhani
2着ステイゴールドOrpen
3着ハーツクライMachiavellian

京王杯スプリングカップの近4年の血統傾向です。1400mということもあり短距離向きの種牡馬の台頭が目立ちます。特にロードカナロアは今後特に注意したいです。

【2023年】京王杯スプリングカップの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
東京競馬場|芝1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1400mの傾向データと特徴[2022年版] 都大路ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】都大路ステークスの過去傾向データと馬券予想 ヴィクトリアマイルの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ヴィクトリアマイルの過去傾向データと馬券予想 栗東ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】栗東ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です