【2022年】キーンランドカップの過去傾向データと馬券予想

キーンランドカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年8月にキーンランドカップ(キーンランドC)が開催されます。このページではキーンランドカップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】キーンランドカップの概要と馬券のポイント

【札幌】芝1200mコースイメージ

レース名キーンランドカップ(キーンランドC)
格付けGIII
コース札幌 芝1200m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・別定戦
1着賞金4,100万円

キーンランドカップは札幌芝1200mで行われるGIIIの重賞競走です。またサマースプリントシリーズの一つでもあるので続戦している馬のポイント争いも注目です。

【2022年】キーンランドカップの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝490円1,550円230円
馬連4,550円2,390円760円
馬単6,720円7,260円1,170円
3連複63,530円13,750円1,410円
3連単267,390円95,670円4,480円

3年で見ると順当と意外と3連系は波乱要素を含んでいる印象を持っています。

【2022年】キーンランドカップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 近年は上位人気不振
  • 4歳馬の成績が良い
  • 前傾ラップになりやすい

【2022年】キーンランドカップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021レイハリア牝31:09.1
2020エイティーンガール牡41:10.6
2019ダノンスマッシュ牡41:09.2
2018ナックビーナス牝51:09.4
2017エポワスセ91:09.0
2016ブランボヌール牝31:08.5
2015ウキヨノカゼ牝51:08.6
2014ローブティサージュ牝41:09.0
2013フォーエバーマーク牝51:11.7
2012パドトロワ牡51:07.6

キーンランドカップについては、時計はそれなりにかかりますのでここに出てくる馬は全てその時計で走れると思います。そういったこともあってか、牝馬・高齢馬・3歳馬などバラエティに富んだ勝馬が並んでいます。牝馬が10年で7勝しておりますし、10年で馬券内に牝馬が入らなかった年が1年しかありません。(馬券内に入った牝馬は半分以上)

まず、性別にこだわる必要のないレースと捉えておけばいいでしょう。

【2022年】キーンランドカップの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-4-1-320%60%70%
2番人気1-3-0-610%40%40%
3番人気3-0-2-530%30%50%

キーンランドカップの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気は高い複勝率を誇っていますので、基本的には1番人気馬は信頼のレースです。

【2022年】キーンランドカップの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳2-2-0-199%17%17%
4歳3-4-3-1811%25%36%
5歳4-3-4-3010%17%27%
6歳0-1-1-270%3%7%
7歳0-0-1-140%0%7%
8歳0-0-1-90%0%10%
9歳~1-0-0-150%50%50%

馬齢別で見ると4歳馬が優勢。それ以外の年齢も悪くはありませんが若い年代ほど有利に見えます。9歳馬の扱いは個人的にはイレギュラーと捉えて基本的には4~5歳から選ぶレースかと思います。

【2022年】キーンランドカップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-0-176%6%6%
2枠1-0-2-146%6%18%
3枠0-1-0-180%5%5%
4枠1-3-1-145%21%26%
5枠0-1-2-160%5%16%
6枠3-2-0-1515%25%25%
7枠3-1-3-1315%20%35%
8枠1-2-2-155%15%25%

枠順別のデータを見ると内枠があまり良くありません。真ん中〜外枠がむしろ良いくらいに見えます。ペースによる影響と、内がゴチャつきやすいなどの要因がありそうです。

枠で嫌う必要はないでしょう。

【2022年】キーンランドカップのラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.1秒
2F10.7秒
3F11.2秒
4F11.7秒
5F11.6秒
6F12.0秒

キーンランドカップのラップ傾向です。スタートから平坦ですので前半のポジション争いは熾烈。時計は極端な前傾ラップになります。差しの台頭が目立つのもこれが要因の一つです。

【2022年】キーンランドカップの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ロードカナロアマンハッタンカフェ
2着ヨハネスブルグアグネスタキオン
3着アドマイヤムーンCapote
20201着ヨハネスブルグアグネスタキオン
2着ShamardalRaven’s Pass
3着ディープインパクトMontjeu
20191着ロードカナロアHardSpun
2着Raven’sPassDalakhani
3着ステイゴールドOrpen

キーンランドカップの近3年の傾向です。強い傾向は感じませんが、強いて言えば横文字(外国産馬・外国の血が強い肌馬)が良いですね。洋芝ですので欧州系が良いと思います。

【2022年】キーンランドカップの注目馬

現在調査中

札幌競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)札幌芝1200mの傾向データと特徴[2021年版] BSN賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】BSN賞の過去傾向データと馬券予想 新潟2歳ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】新潟2歳ステークスの過去傾向データと馬券予想 朱鷺ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】朱鷺ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です