【2021年】BSN賞の過去傾向データと馬券予想

BSN賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年8月29日にBSN賞(ビーエスエヌ賞)が開催されます。このページではBSN賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】BSN賞の概要と馬券のポイント

【新潟】ダート1400mコースイメージ

レース名BSN賞(BSN賞)
格付けリステッド
コース新潟 ダート1800m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金2,300万円

BSN賞は新潟ダート1800mで行われるリステッド競走です。ハンデ戦のダートのリステッドということで横の比較が重要なレースです。

ココが馬券のポイント!
  1. 上位人気の成績は標準的
  2. 内枠か外枠か極端
  3. 前傾ラップの消耗戦になりやすい

【2021年】BSN賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2020ロードブレス牡41:50.5
2019アイファーイチオー牡51:50.7
2018サルサディオーネ牝41:51.8
2017トップディーヴォ牡51:51.5
2016ピオネロ牡51:51.1
2015ダノンリバティ牡31:49.5
2014インカンテーション牡41:50.6
2013トウショウフリーク牡61:51.3
2012アドバンスウェイ牝41:10.9
2011アースサウンド牝51:10.2

BSN賞の過去10年の勝馬です。2013年から条件が1200m(別定)→1800m(ハンデ)に変更になっています。特筆すべきはタイムで、1分50~1秒と新潟らしくそれなりに早い時計となっています。早い時計への対応力は必要でしょう。

【2021年】BSN賞の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-1-1-425%38%50%
2番人気3-1-1-338%50%63%
3番人気1-1-1-414%29%43%

BSN賞の過去10年のうち、1800mの条件で施行されている7回についての上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気は標準的な状況に見えます。2番人気はやや良いので3連複や3連単の相手として一考の余地ありです。

【2021年】BSN賞の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳1-1-0-050%100%100%
4歳3-1-3-525%33%58%
5歳3-4-3-1413%29%42%
6歳1-1-2-363%5%10%
7歳0-0-0-150%0%0%
8歳0-1-0-60%14%14%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別で見ると若い馬が優勢ですが昨年は5歳馬のワンツースリー。判断の難しいレースです。

【2021年】BSN賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-0-713%13%13%
2枠2-0-2-620%20%40%
3枠1-0-2-98%8%25%
4枠1-1-1-89%18%27%
5枠1-0-1-127%7%14%
6枠0-3-1-100%21%29%
7枠0-2-2-130%12%24%
8枠2-2-1-1311%22%28%

枠順別のデータを見ると内か外か極端ですね。

【2021年】BSN賞のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ1頭
52.0~52.5キロ2頭
53.0~53.5キロ3頭
54.0~54.5キロ4頭
55.0~55.5キロ5頭
56.0~56.5キロ4頭
57.0~57.5キロ3頭
58キロ〜0頭

斤量に関しては満遍なく来ておりますので、斤量だけで嫌う必要はないように見えます。

【2021年】BSN賞のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.7秒
2F11.3秒
3F12.2秒
4F12.6秒
5F12.4秒
6F12.2秒
7F12.5秒
8F12.3秒
9F12.8秒

BSN賞のラップ傾向です。この距離には珍しく前傾ラップになります。消耗戦と捉えていいでしょう。

【2021年】BSN賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20201着ダノンバラードナリタトップロード
2着ヘニーヒューズマンハッタンカフェ
3着キングカメハメハクロフネ
20191着シニスターミニスターデヒア
2着ゴールドアリュールリンドシェーバー
3着フリオーソスキャン
20181着ゴールドアリュールリンドシェーバー
2着スパイキュールサクラバクシンオー
3着ロージズインメイシンボリクリスエス

BSN賞の近3年の血統傾向です。強い傾向は感じませんが、強いて言えばダートでもグレードクラスで主流でない血統が優勢と言えます。

【2020年】BSN賞の注目馬

調査中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です