【2021年】マーメイドステークスの過去傾向データと馬券予想

マーメイドステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年6月にマーメイドステークス(マーメイドS)が開催されます。このページではマーメイドステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】マーメイドステークスの概要と馬券のポイント

【阪神】芝2000mコースイメージ

レース名マーメイドステークス(マーメイドS)
格付けGIII
コース阪神 芝2000m
条件サラ系3歳以上牝馬(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金3,600万円

マーメイドステークスは阪神芝2000mで行われるGIIIの重賞競走です。牝馬限定のハンデ戦ということで例年斤量も含めて「カオス」な状況になる印象です。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響
ココが馬券のポイント!
  1. 上位人気の信頼度低め
  2. 枠は外枠優勢
  3. ハンデは軽い馬が優勢

【2021年】マーメイドステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2020サマーセント牝42:01.1
2019サラス牝42:00.3
2018アンドリエッテ牝61:59.1
2017マキシマムドパリ牝51:59.5
2016リラヴァティ牝51:59.3
2015シャトーブランシュ牝52:00.5
2014ディアデラマドレ牝41:59.4
2013マルセリーナ牝51:59.4
2012グルウェイグ牝41:59.9
2011フミノイマージン牝52:00.4

マーメイドステークス過去10年の勝ち馬です。牝馬限定のハンデ戦ですので時計はそこまで早くなりません。勝ち馬を見ても牝馬限定のGIでは厳しい馬が多いようです。

【2021年】マーメイドステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-1-1-522%33%44%
2番人気1-1-1-611%22%33%
3番人気1-0-0-811%11%11%

マーメイドステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。10年で30頭が馬券に絡みますが1~3番人気の馬券絡みは8頭と少ないと言っていいでしょう。思い切って人気を見ないで馬券を考えた方がいいレースかもしれません。

【2021年】マーメイドステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-30%0%0%
4歳4-2-3-3110%15%23%
5歳5-7-5-557%17%24%
6歳1-1-1-204%9%13%
7歳0-0-1-50%0%17%
8歳0-0-0-00%0%0%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別データです。4~5歳馬が優勢です。6歳以上についてはクラブ馬の牝馬が3月に引退するので層が薄くなるのもあるでしょうね。

【2021年】マーメイドステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-2-79%18%36%
2枠2-0-0-1017%17%17%
3枠1-0-0-156%6%6%
4枠0-3-1-130%18%24%
5枠0-1-2-150%6%17%
6枠1-1-1-156%11%17%
7枠2-1-2-1311%17%28%
8枠2-2-1-1311%22%28%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると外枠が優勢です。ハンデ等も考慮の上で外枠に目を向けましょう。

【2021年】マーメイドステークスのラップ傾向

マーメイドステークスラップ傾向

ハロンタイム
1F12.4秒
2F11.0秒
3F12.5秒
4F12.4秒
5F12.1秒
6F12.2秒
7F11.9秒
8F11.6秒
9F11.6秒
10F12.3秒

マーメイドステークスのラップ傾向です。2F目が異常に早いです。どれくらい早いかというと同じコースの大阪杯(GI)や鳴尾記念(牡馬混合)よりも平均すると2F目が早いのでポジション取りが激しいレースです。

その後にポジションが定まると少しペースが落ちます。その後は加速していきますが最後の1Fのラップの減速幅も大きく、カオスなイメージを持つのはこれも要因でしょうか。

【2021年】マーメイドステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ7頭
52.0~52.5キロ1頭
53.0~53.5キロ10頭
54.0~54.5キロ3頭
55.0~55.5キロ6頭
56.0~56.5キロ3頭
57.0~57.5キロ0頭
58キロ〜0頭

マーメイドステークスのハンデ傾向です。軽い方が馬券に絡んでいますね。あえて重たい馬を選ぶ理由がない限りは斤量は強く意識した方がいいレースです。

【2021年】マーメイドステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20201着ハービンジャーサンデーサイレンス
2着ディープインパクトエンドスウィープ
3着モンテロッソメジロマックイーン
20191着オルフェーヴルTapit
2着ディープインパクトMrGreeley
3着ヴィクトワールピサウォーエンブレム
20181着ディープインパクトSilverDeputy
2着ステイゴールドStormCat
3着ステイゴールドAPIndy

マーメイドステークスの近3年の血統傾向です。あまり強い傾向は感じませんが、父サンデー系の方が馬券絡みが多いのでその点に少し注目です。

【2021年】マーメイドステークスの注目馬

調査中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です