【2023年】阪急杯の過去傾向データと馬券予想

阪急杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年2月に阪急杯が開催されます。このページでは阪急杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】阪急杯の概要と馬券のポイント

【阪神】芝1400mコースイメージ

名称阪急杯(はんきゅうはい)
格付けGIII
コース阪神(内) 芝1400m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 4,300万円

阪急杯は阪神芝1400mで行われる別定戦です。ここ最近は高松宮記念のステップレースの一つとして位置付けられています。

阪急杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 人気の信頼度は低いレース
  2. キングマンボ・ノーザンダンサー系を狙いたい
  3. 枠はあまり気にしなくて良いレース

阪急杯のコース解説

阪神芝1400mのスタート地点は2コーナー出口付近のポケット地点。内回りコースを使用。3コーナーまでの距離は443mとやや長めに取られていますのでポジション取りはしやすいコース形態です。

最後の直線は約356mとなっており、高低差1.8mの急坂があります。

阪神芝1400mの詳細データはこちら

【2023年】阪急杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ダイアトニック牡71:19.9
2021レシステンシア牝41:19.2
2020ベストアクターセ61:20.3
2019スマートオーディン牡61:20.3
2018ダイアナヘイロー牝51:20.1
2017トーキングドラム牡71:19.9
2016ミッキーアイル牡51:19.9
2014ダイワマッジョーレ牡61:23.8
2013コパノリチャード牡41:20.7
2012ロードカナロア牡51:21.0

阪急杯の過去10年の勝ち馬です。近年は馬場が良いこともありタイムは良馬場であれば1分20秒を切る水準が必要です。

【2023年】阪急杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気4-1-1-440%50%60%
2番人気2-2-2-420%40%60%
3番人気0-0-0-100%0%0%

阪急杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬の成績はあまり良くありません。この点からも人気馬だけに固執することなく、フラットに馬券検討をしたいですね。

阪急杯の配当傾向

単勝3連複3連単
2022310円10,950円50,380円
2021240円20,690円82,340円
20202,230円4,940円40,190円
20193,230円21,950円207,070円
20181,680円4,270円32,160円
20172,570円239,670円2,483,180円
2016380円4,070円18,050円
2015660円48,690円236,350円
2014480円13,480円66,530円
2013160円7,060円20,500円
平均1,194円37,577円323,675円

10年で見るとそこまで順当ではないと言えます。過去のレースを見ても波乱傾向というか、1400m特有の実力馬が力を発揮しにくいレース(コース)なのかなと。

阪神競馬場の配当傾向

阪急杯が行われる阪神競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】阪急杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳2-2-3-246%13%23%
5歳3-2-3-318%13%21%
6歳3-3-2-406%13%17%
7歳2-2-1-237%14%18%
8歳0-1-1-90%9%18%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別の成績です。5歳が馬券に多く絡んでいますね。また高齢馬も他の重賞競走と比べると馬券に絡んでいる印象です。まずは5歳馬を検討の中心に据えた上で、他の馬齢の馬も見ていくというレースでしょうか。

【2023年】阪急杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-3-0-146%22%22%
2枠 2-0-3-1311%11%28%
3枠 0-4-3-120%21%37%
4枠 1-1-1-165%11%16%
5枠 0-0-1-190%0%5%
6枠 1-1-0-185%10%10%
7枠 4-0-1-1917%17%21%
8枠 1-1-1-224%8%12%

枠順別のデータを見るとやや内枠が優勢でしょうか。外枠も悪くはありませんので内枠がやや優勢ということは念頭に起きつつも、外枠を嫌う必要はありません。

【2023年】阪急杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.2秒
2F10.7秒
3F11.2秒
4F11.4秒
5F11.4秒
6F11.5秒
7F12.2秒

阪急杯のラップ傾向です。他の阪神重賞との平均と比べると阪急杯は前傾ラップになりやすい傾向です。この辺りは先行勢には苦しいラップ傾向と言えます。

【2023年】阪急杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ロードカナロアサンデーサイレンス
2着ドリームジャーニーアドマイヤコジーン
3着ダイワメジャージャングルポケット
20211着ダイワメジャーLizard Island
2着ディープブリランテDansili
3着Kitten’s JoySunday Silence
20201着ディープインパクトクロフネ
2着Fastnet RockLion Heart
3着ロードカナロアサンデーサイレンス

阪急杯の近3年の傾向です。まずキングマンボ系には注目です。過去からもポツポツ馬券絡みしている系統です。あとは広い範囲にはなりますがノーザンダンサー系の馬の馬券絡みが目立ちます。

【2023年】阪急杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
阪神競馬場|芝1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝1400mの傾向データと特徴[2022年版] 阪急杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】阪急杯の過去傾向データと馬券予想 中山記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】中山記念の過去傾向データと馬券予想 マーガレットステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】マーガレットステークスの過去傾向データと馬券予想 仁川ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】仁川ステークスの過去傾向データと馬券予想 すみれステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】すみれステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です