新潟芝2000m(内回り)の傾向データと特徴[2022年版]

新潟競馬場|芝2000m(内)の傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

新潟芝2000m(内回り)の傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【新潟競馬場】芝2000m(内回り)のコース概要

【新潟】芝2000m(内)コースイメージ

直線高低差
358.7m0.8m
コースフルゲート一周距離
A18頭1,623m25m
B16頭1,648.1m21m

スタート地点はスタンド前直線の4コーナー付近。最初のコーナーまでおよそ436mと序盤の直線距離としては少し長めですが新潟競馬場の芝中距離としては短めです。1コーナーから2コーナーまでは緩やかに上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩やかな下り坂です。直線は平坦。

最後の直線は約358mと新潟芝コースとしては短くなっております。

※直線距離はAコース時

新潟芝2000m(内)のコース解説

新潟競馬場
画像引用:JRA

新潟芝2000m(内)は、内回りはコースを使用するため直線の距離が短く、高低差がほとんどないのが特徴です。直線の長い外回りとは違った適性が求められますので、同じコースではありますが注意が必要です。

新潟競馬場のご当地馬主

馬主はそれぞれ所属する馬主協会というものがあります。各競馬場ごとに馬主協会が存在し、一般的に地元の競馬場に所属します。人間心理として地元では恥ずかしい競馬はしてほしくないと願うはずで、競馬場の開催替わりや開催最終週はご当地馬主の所有馬はコンディションがいいはずですので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ご当地馬主の記事はこちら

新潟芝2000m(内)で行われる重賞レース一覧

・なし

新潟芝2000m(内)脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ10%18%23%
先行15%28%38%
差し5%11%18%
追込1%3%6%

新潟芝2000m(内)は新潟芝中距離コースにしては前有利です。逃げ馬・先行馬が序盤にポジションを取りやすいコースです。あまりここで厳しいラップになると辛いですが、コーナー4つで減速することを加味すると基本的には前に行ける馬から狙いたいコースです。

新潟芝2000m(内)人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気39%52%59%
2番人気16%32%41%
3番人気18%27%46%
4番人気5%27%39%
5番人気5%14%23%
6~10番人気3%7%16%
11~18番人気1%2%4%

人気順については、1~5番人気で80%勝利しており、上位人気がそれなりに活躍しています。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

新潟芝2000m(内)枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠4%19%22%
2枠 7%14%20%
3枠 6%12%25%
4枠 6%9%12%
5枠 7%13%23%
6枠 11%18%26%
7枠 6%12%18%
8枠 6%12%15%

枠順別のデータです。コース形態的に内枠が優勢となっておかしくないのですが、勝率としてはやや外枠有利。この辺りをどう考えるかがポイントとなりそうです。

新潟芝2000m(内)性別成績傾向データ

性別勝率連対率複勝率
牡馬8%15%22%
牝馬5%13%20%

性別傾向データです。やや牡馬の方が高い値が出ています。ただし人気にも織り込まれておりますので、その観点からは参考程度でいいかもしれません。

新潟芝2000m(内)所属厩舎別傾向データ

所属勝率連対率複勝率
美浦6%12%19%
栗東11%19%25%

美浦・栗東の所属別の傾向データです。関東の開催にカテゴライズされているので、参戦数は関西馬が少ないの方が少ないのですが、実は輸送は関西馬の方が楽ですのでその点では有利です。傾向で見ると距離・コース形態を求めて参戦する関西馬の方が優勢ですね。

新潟芝2000m(内)騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
Mデムーロ28%39%44%
岩田望来23%31%38%
三浦皇成17%33%58%
福永祐一18%36%55%
西村淳也14%21%29%
横山武史25%25%38%
大野拓弥22%22%33%
勝浦正樹17%17%17%
戸崎圭太13%13%13%
柴田大知13%13%13%

新潟芝2000m(内)の勝利数が多い騎手一覧です。デムーロ騎手が好成績。また岩田望来騎手も好成績ですね。

新潟芝2000m(内)血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ディープインパクト23%27%35%
ルーラーシップ10%23%43%
エイシンフラッシュ16%21%21%
ハービンジャー7%17%28%
ヴィクトワールピサ14%21%36%
ハーツクライ6%6%9%
ジャングルポケット50%50%50%
メイショウサムソン50%50%50%

新潟芝2000m(内)で勝ち星が多い種牡馬です。ディープインパクトはそれなりにイメージ通りとして、エイシンフラッシュはこのコースならではかもしれません。ルーラーシップの名前が目につきますね。

新潟芝2000m父系統別傾向

系統勝率連対率複勝率
サンデー系6%12%19%
ノーザンD系7%16%24%
ミスプロ系8%14%22%
ロベルト系6%16%23%
その他系10%15%18%

ミスプロ系がやや優勢でしょうか。また非主流のその他系が値が高いのも注目です。

新潟芝2000m(内)ラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前3F中盤後3Fタイム
新馬2:04.1
未勝利2:02.2
2歳OP・重賞
1勝クラス
2勝クラス
準OP・重賞
重賞

クラス別のラップの傾向については各クラスごとにしてしまうとサンプルが少ないため割愛させていただきます。

新潟芝2000m(内)傾向データまとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 脚の傾向
    末脚
    1
    2
    3
    4
    5
    テンの脚
  • 枠の傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 重量傾向
    軽量馬
    1
    2
    3
    4
    5
    大型馬

最初のコーナーまでの距離は新潟芝中距離コースとしては短めですが、十分な距離があり前に行ける馬が優勢のコースです。施行回数が十分ではないのでラップ等の傾向は出ませんが、コーナー4つのコースということで中盤が緩む基本的な流れのレースになりやすいコースです。直線も平坦ですので先行馬がそれなりに上がりをまとめますから、前で持続的な脚を使えるタイプを選びたいコースです。

新潟競馬場

芝1000m    芝1200m    芝1400m    芝1600m    芝1800m    芝2000m(内) 芝2000m(外) 芝2200m    芝2400m   
ダート1200m  ダート1800m  ダート2500m 

全競馬場コースデータ

札幌競馬場   函館競馬場   福島競馬場   新潟競馬場   中山競馬場   東京競馬場   中京競馬場   京都競馬場   阪神競馬場   中京競馬場   地方競馬場  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です