新潟芝1800mの傾向データと特徴[2021年版]

新潟競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

新潟芝1800mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【新潟競馬場】芝1800mのコース概要

【新潟】芝1800mコースイメージ

スタート地点は向こう正面の直線入り口付近。スタート後、最初のコーナーまでおよそ748mとかなり長い間直線が続きます。3~4コーナーはスパイラルカーブでコーナーから直線半ばまで急な下り坂。直線はほぼ平坦。

最後の直線は約659mと日本で一番長い直線で、コースの半分以上が直線となる。

※直線距離はAコース時

新潟芝1800mで行われる重賞レース一覧

・なし

新潟芝1800m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ5%15%25%
先行12%20%28%
差し7%17%24%
追込4%7%12%

新潟芝1800mは逃げ馬が不利なコースです。他のコース形態では大体「逃げ>先行>差し>追込み」という順番で勝率〜複勝率が良くなる傾向にあるのですが、このコースはそうではありません。

ポジションを取りやすい先行馬が最も良く、差し・追込みも間に合います。このような傾向から他のコースで逃げて好走した馬は選びにくいコースです。

新潟芝1800m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気44%59%71%
2番人気22%40%56%
3番人気5%24%35%
4番人気7%20%28%
5番人気8%21%31%

人気順については、5番人気までで86%勝利しています。これは直線部分が長いので人気馬の紛れが少ないコースであるからこその傾向です。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

新潟芝1800m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠4%10%14%
2枠6%13%24%
3枠7%16%22%
4枠9%15%19%
5枠8%15%26%
6枠7%15%21%
7枠9%18%24%
8枠6%12%19%

枠順別のデータです。コース形態的に序盤のポジション取りに自由度があるので内外の差はありません。むしろ逃げ馬が厳しいコースですので最内はやや数字が低く出ています。

新潟芝1800m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
デムーロ52%71%86%
吉田隼人38%52%76%
津村明秀33%43%71%
ルメール78%78%89%
丸山元気33%56%78%
福永祐一38%54%77%
北村宏司50%75%88%
北村友一31%38%69%

新潟芝1800mの勝利数が多い騎手一覧です。デムーロ騎手が驚異的な数字を残しています。また参戦機会が少ないルメール騎手の数字も驚異的です。上位人気に乗る機会が多く、参戦機会が少ない騎手は高い値を残していますので、横の比較を意識しましょう。

新潟芝1800m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ディープインパクト15%22%32%
ハーツクライ8%16%28%
ロードカナロア15%31%41%
キングカメハメハ11%20%24%
オルフェーヴル9%19%21%
ルーラーシップ8%21%31%
ハービンジャー7%15%22%
ステイゴールド7%17%32%

新潟芝1800mで勝ち星が多い種牡馬です。ディープインパクトはイメージ通りとして、ロードカナロアも高い値を示しています。ハービンジャーやルーラーシップの名前が目につきますね。

新潟芝1800mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞
1勝クラス35.437.134.41:46.9
2勝クラス36.236.733.81:46.7
準OP・重賞35.636.234.31:46.1
重賞34.836.134.31:45.2

クラス別のラップの傾向です。クラス問わずコーナー部分に当たる中盤にラップがかなり緩むのが特徴です。ここでラップが緩んで直線で早い時計が求められるというのが全体感の傾向です。

新潟芝1800m傾向データまとめ

最初のコーナーまでの距離があるため、枠の有利不利は少なめです。ただし逃げ馬が不利な傾向にあるため内枠はやや低めの数字が出ています。参戦機会が少ないリーディング上位騎手ですがしっかり結果を残しているので、参戦時は注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です