新潟芝1200mの傾向データと特徴[2023年版]

新潟競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

新潟芝1200mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【新潟競馬場】芝1200mのコース概要

【新潟】芝1200mコースイメージ

直線高低差
358.7m0.8m
コースフルゲート一周距離
A18頭1,623m25m
B16頭1,648.1m21m

スタート地点は向こう正面の直線入り口付近です。最初のコーナーまでおよそ448mあり1200mとしては序盤のポジション取りの距離があります。3~4コーナーはスパイラルカーブでコーナーを頂点に直線半ばまで下り坂で高低差は最大3.5mあります。

最後の直線は約358mとやや短いですが全体として直線部分の方が長いコースです。

※直線距離はAコース時

新潟芝1200mのコース解説

新潟競馬場
画像引用:JRA

新潟芝1200mは、内回りの芝コースで行われます。内回りはコースの高低差がほとんどないのが特徴です。またスタート後の直線と最後の直線で約800m(全体の3/4)あり、コーナーはかなりタイトです。

新潟競馬場のご当地馬主

馬主はそれぞれ所属する馬主協会というものがあります。各競馬場ごとに馬主協会が存在し、一般的に地元の競馬場に所属します。人間心理として地元では恥ずかしい競馬はしてほしくないと願うはずで、競馬場の開催替わりや開催最終週はご当地馬主の所有馬はコンディションがいいはずですので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ご当地馬主の記事はこちら

新潟芝1200mで行われる重賞レース一覧

・なし

新潟芝1200m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ29%38%40%
先行11%22%32%
差し4%11%17%
追込1%4%7%

新潟芝1200mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬が序盤にポジションを取りやすいコース形態ですので基本的には前に行ける馬から狙いたいコースです。ただ追込み馬の勝率は他のローカル1200mよりも高いので頭の片隅には入れておきましょう。

新潟芝1200m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気32%41%55%
2番人気16%26%43%
3番人気15%25%32%
4番人気8%23%36%
5番人気7%23%29%
6~10番人気4%12%18%
11~18番人気0%1%3%

人気順については、上位人気が比較的順当に馬券に絡んでいます。特に1~3番人気が強い傾向にあります。

新潟芝1200m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠5%12%18%
2枠 10%16%22%
3枠 7%13%15%
4枠 4%6%11%
5枠 8%17%24%
6枠 6%14%23%
7枠 7%11%20%
8枠 5%12%16%

枠順別のデータです。コース形態的に序盤のポジションを取りやすいコースですので内外の差は軽微な方かと思います。

新潟芝1200m性別成績傾向データ

性別勝率連対率複勝率
牡馬8%13%22%
牝馬6%13%18%

性別傾向データです。牡馬がやや優勢となっております。ただそこまで注意を払う必要があるかというと、そこまでの差はありませんので、参考程度で良いのかなと思っております。

新潟芝1200m所属厩舎別傾向データ

所属勝率連対率複勝率
美浦6%12%18%
栗東6%13%20%

美浦・栗東の所属別の傾向データです。関東の開催にカテゴライズされているので、参戦数は関西馬が少ないの方が少ないのですが、実は輸送は関西馬の方が楽ですのでその点では有利です。ただ、馬券絡みで見ると関東馬と関西馬の差はほとんどありません。

新潟芝1200m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
菅原明良19%19%19%
藤田菜七子13%23%30%
坂井瑠星44%56%56%
菱田裕二10%21%24%
丹内祐次11%18%32%
岩田望来17%22%44%
鮫島克駿17%22%39%
団野大成21%29%36%
杉原誠人11%15%19%
勝浦正樹10%10%24%

新潟芝1200mの勝利数が多い騎手一覧です。参戦機会の多い騎手がそのまま上位を占めています。

新潟芝1200m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ロードカナロア11%19%23%
オルフェーヴル21%26%37%
マツリダゴッホ10%21%28%
モーリス15%25%25%
ディープブリランテ12%16%24%
マクフィ19%25%31%
アンライバルド30%30%30%
キンサシャノキセキ4%11%18%
キズナ8%17%29%
ビッグアーサー9%18%22%

新潟芝1200mで勝ち星が多い種牡馬傾向ですが、ロードカナロアが首位ですが、勝率や複勝率としてはやや物足りない感じでしょうか。モーリスがイメージと異なるので妙味ありかもしれません。

新潟芝1200m父系統別傾向

系統勝率連対率複勝率
サンデー系7%15%21%
ノーザンD系3%7%12%
ミスプロ系8%14%21%
ロベルト系2%13%17%
その他系6%15%10%

大系統別ですが、ミスプロ系が優勢となっている点とノーザンダンサー系がやや苦戦している点を覚えておきたいですね。

新潟芝1200mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前3F後3Fタイム
新馬34.936.11:11.0
未勝利33.835.61:09.4
2歳OP・重賞
1勝クラス33.835.41:09.2
2勝クラス34.034.71:08.7
準OP・重賞
重賞

クラス別のラップの傾向です。他の1200mのレースと同様にかなり前傾のラップ傾向にあります。逃げ・先行馬が有利の傾向からも分かる通り、前に行く馬が上がりもそれなりにまとめていますので後ろからの馬は前崩れの展開待ちとなります。

新潟芝1200m傾向データまとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 脚の傾向
    末脚
    1
    2
    3
    4
    5
    テンの脚
  • 枠の傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 重量傾向
    軽量馬
    1
    2
    3
    4
    5
    大型馬

最初のコーナーまでの距離が長いこともあり、逃げ・先行馬が有利。またそのコース形態の影響で内外の枠順差も軽微なレースで、フラットに考えられるレースです。ペースは前傾になり上がりもそれなりにまとまることや、コーナーがタイトなので差し・追込み馬は展開待ちになるコースですが他のローカルコースより直線が少しだけ長い分、追込み馬の勝率は他の1200mのコースより高めです。

新潟競馬場

芝1000m    芝1200m    芝1400m    芝1600m    芝1800m    芝2000m(内) 芝2000m(外) 芝2200m    芝2400m   
ダート1200m  ダート1800m  ダート2500m 

全競馬場コースデータ

札幌競馬場   函館競馬場   福島競馬場   新潟競馬場   中山競馬場   東京競馬場   中京競馬場   京都競馬場   阪神競馬場   小倉競馬場   地方競馬場   全競馬場一覧 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です