阪神芝3200mの傾向データと特徴[2022年版]

阪神競馬場|芝3200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

阪神芝3200mの傾向と特徴について、データを元に分析していきたいと思いますが、まだ開催は2020年の松籟ステークスと天皇賞春の2レースのみです。京都競馬場改修に伴う天皇賞・春の代替開催として開催予定です。

馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【阪神競馬場】芝3200mのコース概要

【阪神】芝3200mコースイメージ

スタート後は外回りを一周し、そして2周目は内回りとなります。内回りを意識してか2周目の向こう正面から早くなる傾向にあります。

最後の直線は内回りの約356mとなる予定です。

※直線距離はAコース時

阪神芝3200mで行われる重賞レース一覧

・天皇賞・春(代替開催)

天皇賞・春の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】天皇賞・春の過去傾向データと馬券予想

阪神芝3200m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ25%50%50%
先行0%14%29%
差し7%7%13%
追込0%0%0%

阪神芝3200mはまだ2レースしか開催されておりませんので現時点で脚質の有利不利を言い切るのは難しいですが、数値を見ると松籟ステークスの分の逃げがよく出ていますが、天皇賞を見ると2周目の直線内回りを意識して、向こう正面から早くなりました。おそらく今後は逃げ馬には辛くなるのかなと予想しています。

阪神芝3200m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気0%50%50%
2番人気50%50%50%
3番人気50%50%50%
4番人気0%0%50%
5番人気0%0%50%

人気順についてもまだ2レースしか開催されておりませんので現時点では不明ですが人気馬はそれなりに信頼して良いのかなという傾向です。

阪神芝3200m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠1-0-0-233%33%33%
2枠0-0-1-20%0%33%
3枠0-1-1-20%25%50%
4枠0-0-0-40%0%0%
5枠0-0-0-40%0%0%
6枠0-1-0-30%25%25%
7枠0-0-0-40%0%0%
8枠1-0-0-420%20%20%

枠順別のデータについても2レースが開催されておりませんので現時点で枠順の有利不利を論じるにはサンプル不足ですが、基本的には内枠優勢という考え方で良いと思います。特に2周目は内回りですので京都のようなイン差しも難しいでしょうから。

阪神芝3200m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
福永祐一100%100%100%
北村友一100%100%100%
和田竜二0%100%100%
戸崎圭太0%0%100%
岩田望来0%0%100%

阪神芝3200mを得意とする騎手はまだ2レースしか開催されておりませんので現時点では不明です。昨年天皇賞・春の前に「長距離を得意とする騎手や中央場所ですのでリーディング上位の騎手」が優勢なコースと予想しましたが、2レースの傾向ではその通りになっていると思います。

阪神芝3200m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ディープインパクト25%25%38%
ルーラーシップ0%50%50%
キズナ0%100%100%
オルフェーヴル0%0%20%

阪神芝3200mを得意とする種牡馬についてまだ2レースしか開催されておりませんが、ディープインパクトやオルフェーヴルといった菊花賞勝ち馬が良いと思います。

阪神芝3200mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞
1勝クラス
2勝クラス
準OP・重賞
重賞

クラス別のラップの傾向についてはサンプルが2しかありませんので割愛します。ただし、京都3200mとレースラップが早くなる地点が異なる(1ハロンくらい早い)点は覚えておきましょう。

阪神芝3200m傾向データまとめ

現時点でデータが少ないので予測は難しいコースです。そういえば中京が改修された時は騎手が仕掛けどころがわからないので逃げが極端に残ったり、早すぎて追込み決着になったりしたので、ある程度どちらかに張るのは良いと思います。

天皇賞・春の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】天皇賞・春の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です