函館ダート1700mの傾向データと特徴[2021年版]

函館競馬場|ダート1700mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

函館ダート1700mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【函館競馬場】ダート1700mのコース概要

【函館】ダート1700mコースイメージ

スタート地点はスタンド前右手の直線入口地点。最初のコーナーまでおよそ330m。序盤のポジション取りの距離は平均的。3~4コーナーはスパイラルカーブでコーナーを頂点に直線半ばまで下り坂で高低差は最大3.5mあります。

最後の直線は約260mと短く、コーナーの距離の方が長いコースです。

函館ダート1700mで行われる重賞レース一覧

・なし

函館ダート1700m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ24%44%54%
先行16%32%49%
差し3%8%15%
追込1%2%3%

函館ダート1700mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬が序盤にポジションを取りやすいコース形態ですので基本的には前に行ける馬から狙いたいコースです。

函館ダート1700m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気33%50%64%
2番人気18%37%49%
3番人気16%34%45%
4番人気8%20%29%
5番人気9%17%29%

人気順については、1番人気はかなり安定感があります。まずは1番人気の取捨選択から予想を組み立てるコースです。

函館ダート1700m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠6%15%21%
2枠13%20%31%
3枠7%15%22%
4枠7%15%27%
5枠11%17%25%
6枠9%17%23%
7枠5%15%22%
8枠7%16%24%

枠順別のデータです。コース形態的に序盤のポジションを取りやすいコースですので内外の差は軽微な方かと思います。

函館ダート1700m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
藤岡佑介20%30%36%
ルメール29%41%51%
岩田康誠12%27%36%
北村友一19%45%52%
横山武史9%19%31%
吉田隼人9%16%32%
池添謙一10%19%39%
藤岡康太8%15%21%

函館ダート1700mの勝利数が多い騎手一覧です。藤岡佑介騎手が優秀ですね。また北村友一騎手がイメージにはあまりありませんが率が高いので注意が必要です。

函館ダート1700m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ゴールドアリュール14%18%28%
クロフネ11%20%31%
ルーラーシップ19%33%36%
アイルハヴアナザー10%19%35%
ハーツクライ12%30%36%
ヘニーヒューズ15%33%44%
ダイワメジャー16%24%32%
オルフェーヴル11%17%20%

函館ダート1700mで勝ち星が多い種牡馬を見ていきましょう。砂のマイル〜中距離に強いゴールドアリュールが堅実ですが、その他の種牡馬も率では引けをとりません。

函館ダート1700mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞
1勝クラス29.938.338.21:46.4
2勝クラス29.937.937.91:45.7
準OP・重賞29.237.637.41:44.2
重賞

クラス別のラップの傾向です。イーブンラップ傾向にあります。逃げ・先行馬が上がりもそれなりにまとめていますので後ろからの馬は前崩れの展開待ちとなります。

函館ダート1700m傾向データまとめ

最初のコーナーまでの距離が長いこともあり、逃げ・先行馬が有利。またそのコース形態の影響で内外の枠順差も軽微なレースで、フラットに考えられるレースです。ペースはイーブンラップで上がりもそれなりにまとまることや、コーナーがタイトなので差し・追込み馬は展開待ちになるコースです。

函館コース・距離別傾向
芝1000m芝1200m
芝1800m芝2000m
芝2600mダート1000m
ダート1700mダート2400m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です