【2022年】浦和記念の過去傾向データと馬券予想

浦和記念の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年11月に浦和記念が開催されます。このページでは浦和記念の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】浦和記念の概要と馬券のポイント

【浦和】ダート2000mコースイメージ

名称浦和記念(うらわきねん)
格付けJpnII(G2)
コース浦和 ダート2000m
条件サラ系3歳上(指定交流競走)
賞金1着 3,500万円

浦和記念は浦和ダート2000mで行われる3歳以上の指定交流重賞競走(JpnII)です。

浦和ダート2000mは浦和で開催される最長距離のレースです。コースを1周半する形態で、コーナー6回という小回りコースです。最後の直線は200mほどしかないため、道中のポジション取りは非常に重要になります。

浦和記念の配当傾向

単勝3連複3連単
2021200円1,390円3,720円
2020440円890円4,820円
2019460円2,250円10,250円
20181,640円1,610円20,890円
2017830円1,420円11,960円
2016130円1,220円2,930円
2015280円3,050円15,240円
2014470円6,000円25,610円
2013720円130円1,960円
2012690円960円8,960円

過去10年の浦和記念の配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。手を広げすぎないことと、組み合わせに注意したいレースです。

浦和記念の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢。
  2. 枠は外枠がやや優勢。
  3. 血統傾向は強いて言えばサンデー系。

浦和記念の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021メイショウカズサ牡42:07.3
2020ダノンファラオ牡32:06.0
2019ケイティブレイブ牡62:05.4
2018オールブランシュ牡62:05.4
2017マイネルバサラ牡42:08.2
2016ケイティブレイブ牡32:07.0
2015ハッピースプリント牡42:05.9
2014サミットストーン牡62:07.8
2013ランフォルセ牡72:07.6
2012ピイラニハイウェイ牡72:07.5

浦和記念の過去10年の勝ち馬です。大レースにも参戦するようなクラスが勝ち上がっています。メンバーのレベルは高いと言えます。

浦和記念の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気2-3-2-320%50%70%
2番人気2-1-2-520%30%50%
3番人気3-3-2-230%60%80%

過去10年の浦和記念の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢で基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思います。

浦和記念のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA8-6-8-2019%33%52%
地方2-4-2-593%9%12%

過去10年の浦和記念の傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。とはいえ中央馬の枠が4頭しかありませんので地方馬の馬券絡みも目立ちます。

浦和記念の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳2-2-0-425%50%50%
4歳3-1-2-920%27%40%
5歳0-2-2-110%13%27%
6歳3-2-1-1217%28%33%
7歳~2-3-5-434%9%19%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいます。コーナーでしっかり減速するので、そこまでスピード決着になることが少ないのが要因かと思います。

浦和記念の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-820%20%20%
2枠1-0-1-810%10%20%
3枠1-0-0-910%10%10%
4枠0-1-3-60%10%40%
5枠1-2-1-79%27%36%
6枠4-3-1-1022%39%44%
7枠1-3-0-165%20%20%
8枠0-1-4-150%5%25%

枠順別のデータを見ると、どの枠も平均的に馬券絡みしていますが、やや外枠に有利な値が出ております。

浦和記念のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.7秒
2F11.6秒
3F12.9秒
4F12.5秒
5F13.0秒
6F13.2秒
7F13.0秒
8F12.0秒
9F12.9秒
10F12.7秒

浦和記念のラップ傾向です。コーナーで遅くなって直線で速くなってというコースに即した傾向です。一つ下級クラスと異なるのが最後の1Fのラップがあまり落ちていない点です。さすがに重賞級ということで下級クラスほどバタバタにはならないという傾向です。

浦和記念の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着カジノドライヴコロナドズクエスト
2着パイロTheatrical
3着ジャスタウェイサクラバクシンオー
20201着American PharoahEl Corredor
2着ダノンバラードナリタトップロード
3着ネオユニヴァースMarquetry
20191着アドマイヤマックスサクラローレル
2着アイルハヴアナザーフジキセキ
3着ハーツクライKingmambo

浦和記念の近3年の血統傾向です。特筆する特徴はは感じません。強いて言えばサンデー系がやや優勢でしょうか。

浦和記念の傾向まとめ

基本的に中央馬で良いレースですが出走枠は4頭しかないので、地方馬の馬券絡みも目立ちます。コーナー6回ということでそこでしっかりペースが落ちますので、高齢馬でも馬券になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です