【2022年】東京スプリントの過去傾向データと馬券予想

東京スプリントの過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年4月に東京スプリントが開催されます。このページでは東京スプリントの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】東京スプリントの概要と馬券のポイント

【大井】ダート1200mコースイメージ

名称東京スプリント(東京S・とうきょうすぷりんと)
格付けJpnIII(GIII)
コース大井 ダート1200m
条件サラ系4歳上(指定交流競走)
賞金1着 2,700万円

東京スプリントは大井ダート1200mで行われる4歳以上の指定交流重賞競走(JpnIII)です。。

大井ダート1200mは大井競馬場で最も施行回数が多い距離でデータも豊富です。簡単なポイントとしてはスタート後に約500mほど距離があり、ポジション取りがしやすいこと。その後、タイトなコーナーを周り地方競馬としては長い382mの直線という形態です。

東京スプリントの配当傾向

単勝3連複3連単
2021210円1,050円3,030円
2020570円18,240円85,160円
2019780円870円8,020円
20181,170円12,480円102,430円
2017240円860円2,980円
2016680円790円14,320円
2015200円1,670円5,220円
2014150円7,540円17,310円
2013690円2,920円15,750円
2012220円6,370円23,650円

過去10年の東京スプリントの配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのですが、大井で最も施行されている条件ということで、他の交流競走よりも地方馬の活躍が目立つレースでもあります。

東京スプリントの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢で上位人気信頼。
  2. ただし、大井勢には要注意。
  3. 血統傾向は地方リーディング争いの種牡馬が強い。

東京スプリントの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021リュウノキズナ牡61:11.5
2020ジャスティン牡41:10.9
2019キタサンミカヅキ牡91:11.6
2018グレイスフルリープ牡81:11.8
2017キタサンサジン牡51:12.7
2016コーリンベリー牡51:11.4
2015ダノンレジェンド牡51:10.6
2014ノーザンリバー牡61:10.7
2013ラブミーチャン牡61:11.7
2012セイクリムズン牡61:10.5

東京スプリントの過去10年の勝ち馬です。1200mのスペシャリストが勝ち馬に名を連ねていますので、マイルなどからの距離短縮組よりはスペシャリストなのかなと思っております。

東京スプリントの人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気5-1-2-250%60%80%
2番人気0-3-0-70%30%30%
3番人気3-1-2-430%40%60%

過去10年の東京スプリントの上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢です。地方馬で強いのがいた場合も必然と上位人気となりますので、基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思います。

東京スプリントのJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA8-6-6-2817%29%46%
地方2-4-4-892%6%10%

過去10年の東京スプリントの傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。ですので1~2頭崩れるという構図の場合は地方馬が絡みます。

東京スプリントの馬齢別の勝率・連対率・複勝率

年齢成績勝率連対率複勝率
4歳1-2-1-88%25%33%
5歳3-0-1-1417%17%22%
6歳4-1-2-1221%26%37%
7歳~2-7-6-832%9%15%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいますが、5~6歳くらいの実力馬が出てきた場合は馬券内に良く絡みます。

東京スプリントの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-1-127%13%20%
2枠1-2-0-146%18%18%
3枠0-1-2-160%5%16%
4枠3-1-2-1316%21%32%
5枠1-1-0-175%11%11%
6枠0-3-1-150%16%21%
7枠5-0-2-1325%25%35%
8枠1-1-1-175%10%15%

スタートして1コーナーまで距離があるのである程度は隊列がスムーズに決まりますので、あまり深く考える必要はないかもしれませんが、枠順別のデータを見るとやや7枠が良い数字になっています。

東京スプリントのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.4秒
2F10.8秒
3F11.5秒
4F12.3秒
5F11.9秒
6F12.8秒

東京スプリントのラップ傾向です。平均化するとそこまで顕著な傾向には見えませんが、2F目と3F目のペースが年によって異なるので、そこでオーバーペースになりますと差し馬が台頭してくるイメージです。

東京スプリントの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ヴァーミリアンクロフネ
2着サウスヴィグラスカコイーシーズ
3着サウスヴィグラスサンデーサイレンス
20201着オルフェーヴルGone West
2着サウスヴィグラスカコイーシーズ
3着サウスヴィグラスサンデーサイレンス
20191着キングヘイローサクラバクシンオー
2着Spring At Lastゴールドヘイロー
3着サウスヴィグラスブラックタキシード

東京スプリントの近3年の血統傾向です。適性距離が短く出やすい種牡馬でも上位に好走できており、特に大井でリーディング争いをしている種牡馬であるサウスヴィグラスの活躍は目立ちます。

東京スプリントの傾向まとめ

強い馬券傾向は感じないものの、実力馬がある程度順当に成績を残しているレースです。強い傾向も出ていませんし、血統面もリーディング種牡馬が強いという至極順当な傾向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です