【2022年】テレ玉杯オーバルスプリントの過去傾向データと馬券予想

テレ玉杯オーバルスプリントの過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年9月にテレ玉杯オーバルスプリントが開催されます。このページではテレ玉杯オーバルスプリントの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】テレ玉杯オーバルスプリントの概要と馬券のポイント

【浦和】ダート1400mコースイメージ

名称テレ玉杯オーバルスプリント(おーばるすぷりんと/テレ玉杯OS)
格付けJpnIII(G3)
コース浦和 ダート1400m
条件サラ系3歳上(指定交流競走)
賞金1着 2,100万円

テレ玉杯オーバルスプリントは浦和ダート1400mで行われる3歳以上の指定交流重賞競走(JpnIII)です。

浦和ダート1400mはコースを1周強する形態となっており、かなりタイトな形態となっています。最初のコーナーまで約280mとなっており、序盤のポジション取りはよりタイトです。最後の直線は200mしかないため、差し追い込み一辺倒では厳しいコースです。

テレ玉杯オーバルスプリントの配当傾向

単勝3連複3連単
2021420円4,540円27,620円
2020440円1,230円8,740円
2019380円510円4,720円
2018810円37,290円174,930円
2017270円950円5,050円
2016960円10,660円51,520円
2015340円1,200円11,090円
2014880円620円5,080円
2013860円9,940円50,050円
2012400円4,170円21,750円

過去10年のテレ玉杯オーバルスプリントの配当傾向です。地方交流戦はJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向ですが、このレースは中央馬の出走枠が4頭しかありませんので3連系は紛れる可能性があります。

テレ玉杯オーバルスプリントの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢も地方馬も十分絡んでいる
  2. 枠は1枠が数字上は不利。ただ、個体差によるものかも。
  3. 血統傾向は特になし。

テレ玉杯オーバルスプリントの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021テイエムサウスダン牡41:24.6
2020サクセスエナジー牡61:26.7
2019ノブワイルド牡71:25.3
2018ノブワイルド牡61:26.1
2017サイタスリーレッド牡41:25.1
2016レーザーパレット牡81:25.8
2015レーザーパレット牡71:26.3
2014キョウエイアシュラ牡71:26.2
2013セイントメモリー牡61:26.9
2012アースサウンド牡51:28.0

テレ玉杯オーバルスプリントの過去10年の勝ち馬です。リピーターレースになっており連覇も目立ちます。時期的なものもあり、あまりいいメンバーが集まりません。

テレ玉杯オーバルスプリントの人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気0-2-3-50%20%50%
2番人気4-2-1-340%60%70%
3番人気2-1-3-420%30%60%

過去10年のテレ玉杯オーバルスプリントの上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますが、馬券傾向的に1番人気は苦戦。

テレ玉杯オーバルスプリントのJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA7-6-4-2218%33%44%
地方3-4-6-644%9%17%

過去10年のテレ玉杯オーバルスプリントの傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。地方馬よりも中央馬の方が出走頭数が多い年もあり、基本的には中央の馬中心でいいと思いますが、後から振り返るとダート1800mの適性がそこまでの中央馬もおり、その馬が崩れると地方馬が食い込むといった構図です。

テレ玉杯オーバルスプリントの馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-1-1-20%25%50%
4歳2-1-1-718%27%36%
5歳1-3-4-145%18%36%
6歳3-2-1-1514%24%29%
7歳~4-3-3-487%12%17%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいます。年によってペースが1秒くらい違うので、緩んだ年は高齢馬でも走りやすいというのが要因だと思います。

テレ玉杯オーバルスプリントの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-0-100%0%0%
2枠2-2-0-620%40%40%
3枠0-1-2-70%10%30%
4枠0-0-1-90%0%10%
5枠4-3-1-924%41%47%
6枠1-2-1-155%16%21%
7枠1-1-3-155%10%25%
8枠2-1-2-1510%15%25%

枠順別のデータを見ると、どの枠も平均的に馬券絡みしています。1枠だけイレギュラーな数字が出ていますが強い馬もあまり入っていないので、あまり気にするほどではないかと。

テレ玉杯オーバルスプリントのラップ傾向

ハロンタイム
1F11.9秒
2F11.4秒
3F11.9秒
4F12.4秒
5F11.5秒
6F12.7秒
7F13.7秒

テレ玉杯オーバルスプリントのラップ傾向です。浦和ダート1400mで行われるレースについて全般的に言えることですが、最初の1Fが早い時計になります。これはコーナーまで約280mしかないため、かなり脚を使うことを示唆しています。その結果、道中ペースがあまり落ちないため、最後の1Fはズブズブになります。(ただし、それでも基本的には逃げ先行有利)

テレ玉杯オーバルスプリントの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着サウスヴィグラスLangfuhr
2着スマートファルコンキングカメハメハ
3着ヘニーヒューズステイゴールド
20201着キンサシャノキセキジャングルポケット
2着Macho UnoStorm Cat
3着ヴァーミリアンアンバーシャダイ
20191着ヴァーミリアンアンバーシャダイ
2着ヘニーヒューズアグネスタキオン
3着シニスターミニスターサンデーサイレンス

テレ玉杯オーバルスプリントの近3年の血統傾向です。リピーター傾向で同じ馬が複数回絡んでいることから、血統傾向を読むのが難しいレース。参考程度でいいと思います。

テレ玉杯オーバルスプリントの傾向まとめ

中央馬の出走枠が少ないため、基本的には良いレースですが3連系は紛れる可能性が高めです。枠・血統・人気などについては強い傾向が出ているわけではありません。ただし、大波乱ということも少ないので、地方馬でも人気に織り込まれている傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です