【2022年】サマーチャンピオンカップの過去傾向データと馬券予想

サマーチャンピオンの過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年9月にサマーチャンピオンカップが開催されます。このページではサマーチャンピオンカップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】サマーチャンピオンカップの概要と馬券のポイント

【佐賀】ダート1400mコースイメージ

名称サマーチャンピオンカップ(さまーちゃんぴおんずかっぷ)
格付けJpnIII(G3)
コース佐賀 ダート1400m
条件サラ系3歳上(指定交流競走)
賞金1着 2,200万円

サマーチャンピオンカップは佐賀ダート1400mで行われる3歳以上の指定交流重賞競走(JpnIII)です。時期・場所的にあまり1流どころが集まるレースではありません。

佐賀1400mはスタンド右手のポケット地点から。1400mという距離でありながらコースを1周するためコーナーはタイトです。1コーナーまでは350mほどありますが、最後の直線は200mしかないため道中で小脚の効かないタイプは厳しいコースです。

サマーチャンピオンカップの配当傾向

単勝3連複3連単
2021170円600円3,030円
2020650円710円6,730円
2019440円1,370円7,060円
20181,320円2,390円27,280円
2017300円440円2,540円
2016180円230円1,140円
2015190円920円4,520円
2014220円4,640円35,600円
2013640円9,010円39,200円
2012220円820円3,570円

過去10年のサマーチャンピオンカップの配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。手を広げすぎないことと、組み合わせに注意したいレースです。

サマーチャンピオンカップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢。
  2. 枠は1枠が不利。それ以外はそんなに影響しないレース。
  3. 血統傾向はあまり感じないレース。

サマーチャンピオンカップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ラプタスセ51:25.9
2020サヴィ牡61:26.3
2019グランドボヌール牡51:26.6
2018エイシンバランサー牡61:25.7
2017ラインシュナイダー牡51:26.1
2016グレイスフルリープ牡61:25.7
2015タガノトネール牡51:26.2
2014エーシンビートロン牡81:26.1
2013エーシンウェズン牡61:27.0
2012テイクアヘッド牡41:25.0

サマーチャンピオンカップの過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見てもあまりダート界でも主力級ではない馬が勝利していることからも、メンバーは低調な水準となっております。

サマーチャンピオンカップの人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気4-1-3-240%50%80%
2番人気2-1-2-520%30%50%
3番人気3-2-2-330%50%70%

過去10年のサマーチャンピオンカップの上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢で基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思いますが、3番人気がやや不審です。

サマーチャンピオンカップのJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA9-7-8-2020%36%55%
地方1-3-2-641%6%9%

過去10年のサマーチャンピオンカップの傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。中央馬の出走頭数が限られることがあり、1~2頭崩れると地方馬が台頭という構図です。基本的には中央の馬中心でいいと思います。

サマーチャンピオンカップの馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-1-0-40%20%20%
4歳1-3-1-313%50%63%
5歳4-2-4-1417%25%42%
6歳4-1-3-1915%19%30%
7歳~1-3-2-442%8%12%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいます。小回りでスピードが出しにくいこともあり高齢馬でも馬券に絡めていますが、比較的若い方が良いですね。

サマーチャンピオンカップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-1-0-90%10%10%
2枠1-1-1-710%20%30%
3枠0-2-1-70%20%30%
4枠2-0-1-720%20%30%
5枠1-1-1-117%14%21%
6枠2-0-2-1511%11%21%
7枠2-2-2-1410%20%30%
8枠2-2-3-1310%20%35%

枠順別のデータを見ると、やや外枠に有利な値が出ております。内枠が厳しいコースになるので外が良いのはトレンド通りですが、このレースにおいても同様でしょうか。

サマーチャンピオンカップのラップ傾向

ハロンタイム
-F-秒

サマーチャンピオンカップのラップ傾向です。平均化するとそこまで顕著な傾向には見えませんが、2F目のコーナーで大きくラップが落ちる年とそうでないとしがあり、ラップが落ちた場合は先行馬有利、ラップが落ちない場合は好位差しが優勢になります。

サマーチャンピオンカップの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ディープブリランテボストンハーバー
2着キンサシャノキセキジャングルポケット
3着Spring At Lastゴールドヘイロー
20201着ストリートセンスアルカセット
2着ダンカークゼンノロブロイ
3着Spring At Lastゴールドヘイロー
20191着エンパイアメーカーフジキセキ
2着ケイムホームフレンチデピュティ
3着ファスリエフクロフネ

サマーチャンピオンカップの近3年の血統傾向です。特筆する特徴はなく、(ダートの中での)スピード系の種牡馬よりもスタミナ系の種牡馬が上位を占めているという大きな括りは感じますが、個別の種牡馬や血統というのはあまり感じません。

サマーチャンピオンカップの傾向まとめ

基本的に中央馬で考えて良いレースです。枠・血統・人気などについては強い傾向が出ているわけではありません。1400mの距離で1周するコース形態になるため、特殊とも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です