【2022年】帝王賞の過去傾向データと馬券予想

帝王賞の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年6月に帝王賞が開催されます。このページでは帝王賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】帝王賞の概要と馬券のポイント

【大井】ダート2000mコースイメージ

名称帝王賞(ていおうしょう)
格付けJpnI(G1)
コース大井 ダート2000m
条件サラ系4歳上(指定交流競走)
賞金1着 7,000万円

帝王賞は大井ダート2000mで行われる4歳以上の指定交流重賞競走(JpnI)です。

大井ダート2000mは東京ダービーや東京大賞典など大井の大レースで使われるコースで、ほぼ1周を回りながら直線も長いため、紛れが比較的少ないコースです。1コーナーまでの距離は約500mでポジションは定まりやすく、最後の直線は地方で最長の386mあり、力を発揮しやすいコースです。

帝王賞の配当傾向

単勝3連複3連単
2021740円104,120円2,387,990円
2020310円400円1,870円
2019340円5,800円16,650円
2018340円1,080円4,310円
2017820円2,200円20,400円
2016660円1,190円6,900円
2015150円1,600円4,010円
2014440円1,620円7,470円
2013410円960円3,850円
2012300円390円1,940円

過去10年の帝王賞の配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。(2021年はイレギュラーと捉えています。)手を広げすぎないことと、組み合わせに注意したいレースです。

帝王賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢
  2. 枠はそんなに影響しないレース。
  3. 血統傾向はあまり強い傾向は感じない。

帝王賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021テーオーケインズ牡42:02.7
2020クリソベリル牡42:05.3
2019オメガパフューム牡42:04.4
2018ゴールドドリーム牡52:04.2
2017ケイティブレイブ牡42:04.4
2016コパノリッキー牡62:03.5
2015ホッコータルマエ牡62:02.7
2014ワンダーアキュート牡82:03.5
2013ホッコータルマエ牡42:03.0
2012ゴールドブリッツ牡52:03.0

帝王賞の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見ても日本を代表する現在のダート王者もしくは将来のダート王者が勝っており力のいるレースとなっております。

帝王賞の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気1-6-1-210%70%80%
2番人気3-1-1-530%40%50%
3番人気3-0-2-530%30%50%

過去10年の帝王賞の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢で基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思いますが、3番人気がやや不審です。

帝王賞のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA10-9-8-3718%34%52%
地方0-1-1-682%5%6%

過去10年の帝王賞の傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。地方馬よりも中央馬の方が出走頭数が多い年もあり、基本的には中央の馬中心でいいと思います。

帝王賞の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳5-3-1-1224%38%43%
5歳2-3-1-208%19%23%
6歳2-1-2-227%11%19%
7歳~1-3-6-482%7%17%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいますが4歳優勢。年によってペースが1秒くらい違うので、緩んだ年は高齢馬でも馬券絡みしやすいです。

帝王賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-1-89%18%27%
2枠1-2-0-98%25%25%
3枠2-0-1-1114%14%21%
4枠2-0-2-1213%13%25%
5枠2-2-0-1511%21%21%
6枠1-1-3-155%10%25%
7枠0-2-1-170%10%15%
8枠1-2-2-155%15%25%

枠順別のデータを見ると、どの枠も平均的に馬券絡みしています。やや中枠に有利な値が出ておりますが、この競走の場合は2コーナーまでに馬群がバラけるので参考程度でいいと思います。

帝王賞のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.4秒
2F11.6秒
3F12.3秒
4F12.9秒
5F12.6秒
6F12.5秒
7F12.2秒
8F12.8秒
9F12.1秒
10F12.7秒

帝王賞のラップ傾向です。平均化するとそこまで顕著な傾向には見えませんが、4F目のコーナー出口付近で大きくラップが落ちる年とそうでない年があり、ラップが落ちた場合は先行馬有利、ラップが落ちない場合は好位差しが優勢になります。

帝王賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着シニスターミニスターマンハッタンカフェ
2着トワイニングアグネスタキオン
3着ディープスカイブライアンズタイム
20201着ゴールドアリュールエルコンドルパサー
2着スウェプトオーヴァーボードゴールドアリュール
3着キングカメハメハデュランダル
20191着スウェプトオーヴァーボードゴールドアリュール
2着キングカメハメハデュランダル
3着トワイニングアグネスタキオン

帝王賞の近3年の血統傾向です。特筆する特徴はなく感じません。ややリピーターの側面が強いのかなと思います。

帝王賞の傾向まとめ

地方馬の集まりが悪く、基本的に中央馬で良いレースです。枠・血統・人気などについては強い傾向が出ているわけではありません。また中央馬が強いレースですので基本はそういう方向性で馬券を組み立てるレースかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です