【2022年】スパーキングレディーカップの過去傾向データと馬券予想

スパーキングレディカップの過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年7月にスパーキングレディーカップが開催されます。このページではスパーキングレディーカップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】スパーキングレディーカップの概要と馬券のポイント

【川崎】ダート1600mコースイメージ

名称スパーキングレディーカップ(すぱーきんぐれでぃーかっぷ)
格付けJpnIII(G3)
コース川崎 ダート1600m
条件サラ系3歳上牝馬(指定交流競走)
賞金1着 2,500万円

スパーキングレディーカップは川崎ダート1600mで行われる3歳以上牝馬限定の指定交流重賞競走(JpnIII)です。

川崎ダート1600mは4コーナーのポケット地点からのスタート。コースをおよそ1周するコース形態となっており、マイル戦ですがコーナー4つの形態です。また1コーナーまでの距離が500mほどありポジションどりはしやすく、ワンターンのマイルと比べ息が入りやすく逃げ・先行有利。最後の直線はおよそ300mです。

スパーキングレディーカップの配当傾向

単勝3連複3連単
2021380円3,690円15,640円
2020190円610円2,500円
2019270円85,650円276,110円
2018440円2,090円11,410円
2017440円6,580円26,480円
2016200円550円2,730円
2015500円190円2,870円
2014610円29,160円126,710円
2013140円450円1,430円
20121,320円390円7,260円

過去10年のスパーキングレディーカップの配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。手を広げすぎないことと、組み合わせに注意したいレースです。

スパーキングレディーカップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢
  2. 枠は内枠か外枠か極端な傾向。
  3. 血統傾向はあまり強い傾向を感じない。

スパーキングレディーカップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021サルサディオーネ牝71:39.0
2020ファッショニスタ牝61:40.9
2019ファッショニスタ牝51:40.6
2018リエノテソーロ牝41:40.8
2017アンジュデジール牝31:41.6
2016ホワイトフーガ牝41:40.5
2015トロワボヌール牝51:40.8
2014サウンドガガ牝51:39.4
2013メーデイア牝51:40.8
2012スティールパス牝51:39.3

スパーキングレディーカップの過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見ても日本を代表するダート王者が勝っており力のいるレースとなっております。。

スパーキングレディーカップの人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気4-1-2-340%50%70%
2番人気3-3-1-330%60%70%
3番人気2-3-2-320%50%70%

過去10年のスパーキングレディーカップの上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢で基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思いますが、3番人気がやや不審です。

スパーキングレディーカップのJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA9-7-6-1723%41%45%
地方1-3-4-711%5%10%

過去10年のスパーキングレディーカップの傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。地方馬よりも中央馬の方が出走頭数が多い年もあり、基本的には中央の馬中心でいいと思いますが、後から振り返るとダート1800mの適性がそこまでの中央馬もおり、その馬が崩れると地方馬が食い込むといった構図です。

スパーキングレディーカップの馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳1-1-1-710%20%30%
4歳2-3-3-178%20%32%
5歳5-4-3-3211%20%27%
6歳1-2-3-174%13%26%
7歳~1-0-0-156%6%6%

馬齢別については3~5歳の馬が中心的に馬券に絡んでいます。7歳馬は2021年のサルサディオーネによるものですのでイレギュラーとするかどうかは各人の判断かと思います。

スパーキングレディーカップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-820%20%20%
2枠1-1-1-710%20%30%
3枠3-1-0-825%33%33%
4枠1-1-1-108%15%23%
5枠0-1-0-160%6%6%
6枠1-0-6-106%6%41%
7枠0-3-2-140%16%26%
8枠2-3-0-1510%25%25%

枠順別のデータを見ると、どの枠も平均的に馬券絡みしています。内枠か外枠かという値が出ておりますが、この競走の場合は1コーナーまでに距離があるので参考程度でいいと思います。

スパーキングレディーカップのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.0秒
3F12.7秒
4F13.5秒
5F11.8秒
6F12.7秒
7F13.1秒
8F13.2秒

スパーキングレディーカップのラップ傾向です。平均化するとそこまで顕著な傾向には見えませんが、2F目のラップが早く4F目のラップが遅いのが特徴で、時に4F目が14秒になることもありここでペースを落とされると後ろの馬は苦しいです。

スパーキングレディーカップの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ゴールドアリュールリンドシェーバー
2着キンサシャノキセキパラダイスクリーク
3着ハーツクライフレンチデピュティ
20201着ストリートセンスコロナドズクエスト
2着Square EddieTen Most Wanted
3着ゴールドアリュールリンドシェーバー
20191着ストリートセンスコロナドズクエスト
2着ゴールドアリュールリンドシェーバー
3着ゴールドアリュールクロフネ

スパーキングレディーカップの近3年の血統傾向です。同じ馬が2~3度とリピーターで来ているため、近3年の傾向はあまり参考にならないと言えますが、そもそも力の差が大きいレースですので、あまり血統にこだわる必要はないのかもしれません。

スパーキングレディーカップの傾向まとめ

同じ馬が2~3度とリピーターで来ているため、傾向は掴みにくいレースです。一方でリピーターが多いということは得意な馬にとっては走りやすいということを示唆していますので、まずはリピーターに該当しそうな馬を探し、その後に他の馬に目を向けるという流れで予想を組み立てるのが良いのかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です