【2022年】サウジカップ・サウジカップデーの概要とデータ

サウジカップ・サウジカップデーの概要とデータ

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年2月25-26日にサウジカップデーが開催されます。このページでは年々注目度が上がり、日本参戦馬が増えそうなサウジカップ・サウジカップデーについてまとめています。

サウジカップデーの概要

創立2020年2月29日
HPhttps://thesaudicup.com.sa/
概要全16レース・賞金総額3,510万米ドル

サウジカップが開催される週は「サウジカップデー」として、他にも多くのレースが開催され、そのどれもがどれも賞金が高くなっております。サウジカップでーは全16レースで構成され、賞金総額3,510万米ドル。2020年からの開催ということで新型コロナウイルスの影響を受けている状態ですが、遠征できる状態になればおそらくより多くの海外馬が遠征すると見込まれています。

キングアブドゥルアジーズ競馬場のコース概要

サウジカップデーで用いられるキングアブドゥルアジーズ競馬場は、左回りで1周約2,000m、幅員24mのオールウェザーコースです。600mのシュートがあります。内側のコースは芝コースとなっております。直線は約400m。高低差は1m未満でほぼ平坦と捉えていいでしょう。

サウジカップの概要

キングアブドゥルアジーズ競馬場

レース名サウジカップ(Saudi Cup)
格付けGI
距離ダート(AW)1800m
条件北半球産4歳馬以上、南半球産3歳馬以上。4歳以上57kg、3歳55kg、牝馬2キロ減。14頭立て。
賞金総額2,000万USD(22億円※1USD=110円換算
着順別賞金1着 1,000万USD(11億円)
2着 350万USD(3.85億円)
3着 200万USD(2.20億円)
4着 150万USD(1.65億円)
5着 100万USD(1.10億円)
6着 60万USD(0.66億円)
7着 50万USD(0.55億円)
8着 40万USD(0.44億円)
9着 30万USD(0.33億円)
10着 20万USD(0.22億円)
※1USD=110円換算
競馬場キングアブドゥルアジーズ(King Abudi Aziz)

サウジカップ(Saudi Cup)は2019年にドバイワールドカップを超える「世界最大級の賞金」を誇るレースとして発表され、2020年2月29日から開催されたレースです。サウジアラビアの「キングアブドゥルアジーズ競馬場」で開催されるダート/AW1800mのレースです。

サウジカップの歴代の日本馬の成績

馬名着順騎手調教師
2020ゴールドドリーム6C・ルメール平田修
2020クリソベリル7C・スミヨン音無秀孝
2021チュウワウィザード9戸崎圭太大久保龍志
2022マルシュロレーヌ6C・スミヨン矢作芳人
2022テーオーケインズ8松山弘平高柳大輔

2022年はテーオーケインズ、マルシュロレーヌが参戦を予定しています。

サウジカップの歴代の勝ち馬(優勝馬)

回数/日付勝ち馬/性齢/タイム/騎手/調教師/国
第1回
2020年2月29日
マキシマムセキュリティー(Maximun Security)
(牡4・57.0kg)1:50.58
L・サレス/J・サーヴィス/アメリカ
第2回
2021年2月20日
ミシュリフ(Mishriff)
(牡4・57.0kg)1:49:59
D・イーガン/J・ゴスデン/アイルランド
第3回
2022年2月26日
エンブレムロード(Emblem Load)
(牡4・57.0kg)1:50:52
W・ラモス/M・アルムロア/サウジアラビア

レッドシーフターフハンデキャップの歴代の概要

キングアブドゥルアジーズ競馬場(サウジカップデー)

レース名レッドシーフターフハンデキャップ(Red Sea Turf Handicap)
格付けGIII
距離芝 3000m
条件北半球産4歳馬以上、南半球産3歳馬以上。ハンデは54~62kg
賞金総額250万USD(2.75億円※1USD=110円換算
着順別賞金1着 150万USD(1.65億円)
2着 50万USD(0.55億円)
3着 25万USD(0.28億円)
4着 12.5万USD(0.14億円)
5着 7.5万USD(0.08億円)
6着 5.0万USD(0.05億円)
※1USD=110円換算
競馬場キングアブドゥルアジーズ(King Abudi Aziz)

レッドシーフターフハンデキャップの歴代の日本馬の成績

馬名着順騎手調教師
2022ステイフーリッシュ1C・ルメール矢作芳人

これまで日本馬の参戦はありません。2022年はステイフーリッシュが出走を予定しています。

サウジダービーの概要

キングアブドゥルアジーズ競馬場(サウジカップデー)

レース名サウジダービー(Saudi Derby)
格付けGIII
距離ダート(AW)1600m
条件北半球産・南半球産3歳馬。北半球産3歳55kg、南半球v3歳59.5kg、(南半球産馬の出走がない場合は57kg)。牝馬2キロ減。
賞金総額150万USD(1.65億円※1USD=110円換算
着順別賞金1着 90万USD(0.99億円)
2着 30万USD(0.39億円)
3着 15万USD(0.17億円)
4着 7.5万USD(0.08億円)
5着 4.5万USD(0.05億円)
6着 3.0万USD(0.03億円)
※1USD=110円換算
競馬場キングアブドゥルアジーズ(King Abudi Aziz)

サウジダービーの歴代の日本馬の成績

馬名着順騎手調教師
2020フルフラット1武豊森秀行
2021ピンクカメハメハ1戸崎圭太森秀行
2022セキフウ2C・デムーロ武幸四郎
2022コンシリエーレ3C・ルメール稲垣幸雄

サウジダービーはこれまで日本馬が連勝。これを受けて多くの日本馬が参戦を表明しています。日本からはコンシリエーレ、セキフウが参戦予定です。

リヤド・ダートスプリントの概要

キングアブドゥルアジーズ競馬場(サウジカップデー)

レース名リヤド・ダートスプリント(Riyadh Dirt Sprint)
格付けGIII
距離ダート(AW)1200m
条件3歳馬以上。4歳以上59.5kg、北半球産3歳52kg、南半球産3歳58kg。牝馬2キロ減。北半球産3歳の出走がない場合、南半球産3歳55.5kg、4歳以上57kg。
賞金総額150万USD(1.65億円※1USD=110円換算
着順別賞金1着 90万USD(0.99億円)
2着 30万USD(0.39億円)
3着 15万USD(0.17億円)
4着 7.5万USD(0.08億円)
5着 4.5万USD(0.05億円)
6着 3.0万USD(0.03億円)
※1USD=110円換算
競馬場キングアブドゥルアジーズ(King Abudi Aziz)

リヤド・ダートスプリントの歴代の日本馬の成績

馬名着順騎手調教師
2021コパノキッキング1W.ビュイック村山 明
2021マテラスカイ2戸崎圭太森秀行
2021ジャスティン6坂井瑠星矢作芳人
2022ダンシングプリンス1C・ルメール宮田敬介
2022チェーンオブラブ3坂井瑠星小笠倫弘
2022コパノキッキング4D・イーガン村山明

リヤド・ダートスプリントは2021年に日本馬がワンツーをしました。今後参戦が増えそうな条件です。2022年はコパノキッキング、ダンシングプリンス、チェーンオブラブが参戦予定です。

1351ターフスプリントの概要

キングアブドゥルアジーズ競馬場(サウジカップデー)

レース名1351ターフスプリント(1351 Turf Sprint)
格付けGIII
距離芝 1351m
条件4歳以上57kg、南半球産3歳54.5kg、牝馬2キロ減。
賞金総額150万USD(1.65億円※1USD=110円換算
着順別賞金1着 90万USD(0.99億円)
2着 30万USD(0.39億円)
3着 15万USD(0.17億円)
4着 7.5万USD(0.08億円)
5着 4.5万USD(0.05億円)
6着 3.0万USD(0.03億円)
※1USD=110円換算
競馬場キングアブドゥルアジーズ(King Abudi Aziz)

1351ターフスプリントの歴代の日本馬の成績

馬名着順騎手調教師
2022ソングライン1C・ルメール林徹
2022ラウダシオン4C・デムーロ斉藤崇史
2022エントシャイデン12坂井瑠星矢作芳人

これまで日本馬の参戦はありませんが、エントシャイデン・ソングライン、ラウダシオンなどが出走登録をしています。

ネオムターフカップの概要

キングアブドゥルアジーズ競馬場(サウジカップデー)

レース名ネオムターフカップ(Neom Turf Cup)
格付けGIII
距離芝 2100m
条件北半球4歳馬以上、南半球3歳馬以上。4歳以上57kg、3歳55kg、牝馬2キロ減。14頭立て。
賞金総額150万USD(1.65億円※1USD=110円換算
着順別賞金1着 90万USD(0.99億円)
2着 30万USD(0.39億円)
3着 15万USD(0.17億円)
4着 7.5万USD(0.08億円)
5着 4.5万USD(0.05億円)
6着 3.0万USD(0.03億円)
※1USD=110円換算
競馬場キングアブドゥルアジーズ(King Abudi Aziz)

ネオムターフカップの歴代の日本馬の成績

馬名着順騎手調教師
2020ディアドラ2O・マーフィー橋田満
2022オーソリティ1 C・ルメール木村哲也

2020年にディアドラが参戦(モハメドユスフナギモーターズカップ)。2021年は参戦がありませんでしたが、2022年はオーソリティが勝利しました。

サウジカップ・サウジカップデーの馬券購入について

JRAではサウジカップおよびサウジカップデーで施行されるレースの馬券購入はできません。JRAでは農水省が指定する海外競馬の競走においては馬券販売をしておりますが、サウジカップは設立が浅く格が低いこともあり、馬券購入はできません。

海外のブックメーカー(ウィリアムヒル)などは購入できるようですが、一定程度リテラシーが求められるためここでは推奨致しません。

海外の馬券・レースデータの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です