【2022年】さきたま杯の過去傾向データと馬券予想

さきたま杯の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年6月にさきたま杯が開催されます。このページではさきたま杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】さきたま杯の概要と馬券のポイント

【浦和】ダート1400mコースイメージ

名称さきたま杯(さきたまはい)
格付けJpnII(GII)
コース浦和 ダート1400m
条件サラ系4歳上(指定交流競走)
賞金1着 3,100万円

さきたま杯は浦和ダート1400mで行われる4歳以上の指定交流重賞競走(JpnII)です。GIIレースということで。

浦和ダート1400mはコースを1周強走る形態となっておりコーナー4回。スタートから最初のコーナーまで約280mということでかなり先行争いはタイトです。最後の直線はおよそ200mと南関では一番短くなっており基本的には逃げ・先行有利。

さきたま杯の配当傾向

単勝3連複3連単
2021220円470円2,100円
20201,730円5,010円54,360円
2019690円650円5,390円
2018280円21,550円73,850円
2017580円230円2,550円
2016260円1,320円3,900円
2015260円540円2,670円
2014180円1,010円5,790円
2013300円1,530円4,610円
2012150円610円3,760円

過去10年のさきたま杯の配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。やや荒れている年でも中央馬の組み合わせによる波乱で、組み合わせに注意したいレースです。

さきたま杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢で上位人気信頼。
  2. 外枠はやや不利なレース。
  3. 1F目の出足の早さが非常に重要なレース。

さきたま杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021アルクトス牡61:24.9
2020ノボバカラ牡81:25.8
2019ウインムート牡61:25.3
2018サクセスエナジー牡41:26.2
2017ホワイトフーガ牡51:25.7
2016ソルテ牡61:25.9
2015ノーザンリバー牡71:26.7
2014ノーザンリバー牡61:26.7
2013テスタマッタ牡71:27.4
2012セイクリムズン牡61:25.8

さきたま杯の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見ると2021年のアルクテスを除いて地方交流の短距離で成果を上げている馬が好走しているようです。

さきたま杯の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気5-3-1-150%80%90%
2番人気2-3-4-120%50%90%
3番人気1-0-1-810%10%20%

過去10年のさきたま杯の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢で基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思います。1番人気は勝てていませんが、全体傾向から考えるとイレギュラーと捉えた方が納得感があります。

さきたま杯のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA9-8-9-2816%31%47%
地方1-2-1-472%6%8%

過去10年のさきたま杯の傾向です。交流重賞らしくJRA勢が強い傾向にあります。ですので1~2頭崩れるという構図の場合は地方馬が絡みます。

さきたま杯の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

年齢成績勝率連対率複勝率
4歳1-0-1-613%13%25%
5歳1-3-3-106%24%41%
6歳5-3-0-1621%33%33%
7歳~3-4-6-574%10%19%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいます。1F目の時計がかなり早いという特殊性から出足が早いタイプなら高齢馬でも好走できている点がポイントかと思います。

さきたま杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-1-2-520%30%50%
2枠1-2-1-610%30%40%
3枠1-1-1-710%20%30%
4枠1-0-3-610%10%40%
5枠3-3-0-1316%32%32%
6枠0-1-2-170%5%15%
7枠1-2-1-165%15%20%
8枠1-0-0-195%5%5%

枠順別のデータを見ると、外枠がやや不利と言えます。地方馬の参戦が少なく小頭数ということで隊列がスムーズに決まりますので、あまり深く考える必要はないかもしれませんが、1F目のポジション取りはどうしても外が不利になりますので数値に出ているように思います。

さきたま杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.0秒
2F11.5秒
3F12.1秒
4F12.4秒
5F11.5秒
6F12.8秒
7F13.2秒

さきたま杯のラップ傾向です。このラップで最も特徴的な点は1F目のラップが非常に早いことです。通常のレースの多くでは1F目が遅く2F目が早くなっておりますが、時に1F目の方が2F目の方が早くなることがあり、超前傾ラップになるレースです。

さきたま杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着アドマイヤオーラシンボリクリスエス
2着キングカメハメハサンデーサイレンス
3着ヘニーヒューズアグネスタキオン
20201着アドマイヤオーラフレンチデピュティ
2着ダイワメジャーデインヒル
3着ヴァーミリアンアンバーシャダイ
20191着ロージズインメイマイネルラヴ
2着キンサシャノキセキジャングルポケット
3着キングヘイローサクラバクシンオー

さきたま杯の近3年の血統傾向です。、血統傾向は掴みにくいと言えますので、血統よりはラップや枠などを重要視した方がいいレースと言えます。

さきたま杯の傾向まとめ

このレースの最大のポイントは1F目のラップの早さです。スタート後のポジション取りがかなりタイトですので、ここでポジションを取れないと厳しいレースになります。1コーナーまでの距離の短さから8枠はやや不利かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です