【2022年】JBC2歳優駿の過去傾向データと馬券予想

JBC2歳優駿の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年11月にJBC2歳優駿が開催されます。このページではJBC2歳優駿の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】JBC2歳優駿の概要と馬券のポイント

【門別】ダート1800mコースイメージ

名称JBC2歳優駿(じぇいびーしー2さいゆうしゅん)
格付けJpnIII(G3)
コース門別 ダート1800m
条件サラ系2歳(指定交流競走)
賞金1着 3,000万円

JBC2歳優駿は門別ダート1800mで行われる2歳の指定交流重賞競走(JpnIII)です。2020年から前身の北海道2歳優駿をJBC2歳優駿と改め、JBC競走の一つとして改編。

門別ダート1800mはコースをほぼ1周するコース形態となっています。スタートから1コーナーまで約270mしかないため、序盤のポジション取りはタイト。道中はほぼ平坦で、最後の直線は約330mと平均的な長さがある。

JBC2歳優駿の配当傾向

単勝3連複3連単
2021550円2,580円12,790円
20201,350円58,950円375,940円
2019740円11,670円91,880円
2018310円2,500円10,650円
2017190円1,430円4,400円
2016100円1,340円2,410円
2015880円9,410円100,110円
2014510円26,130円92,470円
2013150円12,070円42,730円
20121,150円13,100円74,630円

過去10年のJBC2歳優駿の配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのですが、このレースは中央馬がやや苦戦していることもあり波乱傾向です。

JBC2歳優駿の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRA勢は苦戦
  2. 枠は真ん中から外枠が優勢。
  3. シニスターミニスター産駒は注意。

JBC2歳優駿の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021アイスジャイアント牡21:53.0
2020ラッキードリーム牡21:53.4
2019キメラヴェリテ牡21:56.2
2018イグナシオドーロ牡21:54.1
2017ドンフォルティス牡21:55.5
2016エピカリス牡21:54.6
2015タイニーダンサー牡21:55.7
2014ディアドムス牡21:54.9
2013ハッピースプリント牡21:52.5
2012アルムダプタ牡21:53.5

JBC2歳優駿の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見ても早い時期から着差を広げて勝っていた馬が優勢ですね。

JBC2歳優駿の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気3-2-1-430%50%60%
2番人気0-0-2-80%0%20%
3番人気2-2-0-620%40%40%

過去10年のJBC2歳優駿の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。2歳のこの時期ということで適正の見極めが非常に難しいタイミングということもあり、上位人気は不振です。

JBC2歳優駿のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA6-4-4-2814%24%33%
地方4-6-6-675%12%19%

過去10年のJBC2歳優駿の傾向です。交流重賞らしくなく、地元勢が強い傾向にあります。この時期の2歳戦は中央はダート路線が整備されていない影響も大きいかと思います。

JBC2歳優駿の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
2歳0-0-0-0-%-%-%

馬齢別については2歳限定戦のためありません。

JBC2歳優駿の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-3-0-70%30%30%
2枠2-1-1-620%30%40%
3枠1-2-1-107%21%29%
4枠1-0-1-127%7%14%
5枠2-2-2-1112%24%35%
6枠1-0-2-146%6%18%
7枠2-1-0-1611%16%16%
8枠1-1-3-155%10%25%

枠順別のデータを見ると、どの枠も平均的に馬券絡みしています。やや外枠に有利な値が出ておりますが、この競走の場合は2コーナーまでに馬群がバラけるので参考程度でいいと思います。

JBC2歳優駿のラップ傾向

ハロンタイム
-F-秒

JBC2歳優駿のラップ傾向については、門別競馬場が区間ラップを開示していないため割愛させていただきます。

JBC2歳優駿の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ダンカークキャプテンスティーヴ
2着フェノーメノオペラハウス
3着クリエイターIIシンボリクリスエス
20201着シニスターミニスターファンタスティックライト
2着トランセンドシニスターミニスター
3着ジャスタウェイボストンハーバー
20191着キズナCozzene
2着オンファイアサウスヴィグラス
3着キングカメハメハクロフネ

JBC2歳優駿の近3年の血統傾向です。特筆する特徴はなく、(ダートの中での)スピード系の種牡馬よりもスタミナ系の種牡馬が上位を占めているという大きな括りは感じます。強いて言えばシニスターミニスターは注意でしょうか。

JBC2歳優駿の傾向まとめ

2歳の冬のダート戦線でしかも中央勢は輸送もあるということで、なかなか苦戦傾向にあります。この時期では能力比較と適正把握も難しいでしょうから、傾向も波乱傾向にあります。馬券としては人気馬をまずは疑ってみるところからかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です