【2022年】エーデルワイス賞の過去傾向データと馬券予想

エーデルワイス賞の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年10月にエーデルワイス賞が開催されます。このページではエーデルワイス賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】エーデルワイス賞の概要と馬券のポイント

【門別】ダート1200mコースイメージ

名称エーデルワイス賞(えーでるわいすしょう)
格付けJpnIII(G3)
コース門別 ダート1200m
条件サラ系2歳牝(指定交流競走)
賞金1着 2,000万円

エーデルワイス賞は門別ダート1200mで行われる3歳以上の指定交流重賞競走(JpnIII)です。

門別ダート1200mは向こう正面左奥のポケットからスタート。地方競馬としては最大規模のサイズで最初のコーナーまでの直線は470mほどあります。また最後の直線は330mほどあります。

エーデルワイス賞の配当傾向

単勝3連複3連単
2021490円3,050円14,720円
2020230円3,030円9,790円
20192,630円38,690円255,490円
2018800円2,680円18,190円
2017340円6,270円19,410円
2016170円3,350円14,700円
2015300円3,510円11,320円
2014240円126,880円314,190円
2013150円196,410円1,227,740円
20121,070円68,810円731,860円

過去10年のエーデルワイス賞の配当傾向です。地方交流戦ではありますが、この時期の中央馬・牝馬のダートということで中央馬の成績が良いわけではありません。

エーデルワイス賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年では門別勢が優勢
  2. 枠は外枠が優勢。
  3. 血統傾向は仕上がり早いスピードタイプが優勢。

エーデルワイス賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021スピーディーキック牝21:12.2
2020ソロユニット牝21:12.2
2019コーラルツッキー牝21:12.3
2018アークヴィグラス牝21:13.5
2017ストロングハート牝21:12.4
2016リエノテソーロ牝21:12.8
2015タイニーダンサー牝21:14.1
2014ウィッシュハピネス牝21:12.9
2013フクノドリーム牝21:11.6
2012ハニーパイ牝21:12.4

エーデルワイス賞の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見ても、その時点での完成度が高い、仕上がりの早いタイプが成果を残していますね。

エーデルワイス賞の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率複勝率連対率
1番人気4-2-0-440%60%60%
2番人気2-1-1-620%30%40%
3番人気1-1-1-710%20%30%

過去10年のエーデルワイス賞の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。一応人気馬の着度数で見ると悪くはないのですが、馬券としては波乱の傾向がありますので時期的に難しいのだと思います。

エーデルワイス賞のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA3-3-3-318%15%23%
地方7-7-7-926%15%18%

過去10年のエーデルワイス賞の傾向です。交流重賞ですが、中央ではこの時期の2歳(しかも牝馬)のダート路線が整備されていないこともあり、地方馬が優勢の傾向です。ただ率で見ると拮抗とも取れるので、この辺りは決め打ちも面白いかなと思います。

エーデルワイス賞の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
2歳0-0-0-0-%-%-%

馬齢別については、このレースが2歳限定戦のためありません。

エーデルワイス賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-2-0-140%13%13%
2枠1-1-0-166%11%11%
3枠1-0-2-175%5%15%
4枠0-0-0-200%0%0%
5枠1-2-1-165%15%20%
6枠4-1-4-1120%25%45%
7枠1-2-1-165%15%20%
8枠2-2-2-1410%20%30%

枠順別のデータを見ると、どの枠も平均的に馬券絡みしています。やや外枠に有利な値が出ておりますが、この競走の場合は2コーナーまでに馬群がバラけるので参考程度でいいと思います。

エーデルワイス賞のラップ傾向

ハロンタイム
-F-秒

エーデルワイス賞のラップ傾向については門別競馬場が詳細ラップを開示していないため、割愛します。

エーデルワイス賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着タイセイレジェンドサイレントディール
2着ハーツクライドレフォン
3着パイロエイシンサンディ
20201着アジアエクスプレスアグネスデジタル
2着パイロRedoute’s Choice
3着サウスヴィグラスジェイドロバリー
20191着シニスターミニスターキングヘイロー
2着カレンブラックヒルアグネスデジタル
3着アンライバルドMore Than Ready

エーデルワイス賞の近3年の血統傾向です。仕上がりが早いタイプが活躍していることもあり、短距離系の種牡馬が優勢に見えます。

エーデルワイス賞の傾向まとめ

交流競走ではありますが、中央馬が強いというわけではないので地元勢も含めた馬の比較が必要です。やや外枠が優勢な傾向が出ていますが、個体差も大きい時期ですので参考程度で良いかと思います。とにかく仕上がりの早いタイプが活躍傾向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です