【2022】ブリーダーズカップクラシックの過去データと傾向・予想(BCクラシック)

ブリーダーズカップクラシックの過去データと傾向・予想(BCクラシック)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年11月4-5日にブリーダーズカップクラシックが開催されます。このページではブリーダーズカップクラシックの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】ブリーダーズカップクラシックのレース概要

アメリカの競馬場コースイメージ

競馬場キーンランド競馬場(持ち回り開催)
距離ダート2000m
条件3歳以上・GI
斤量3歳55.5kg、4歳以上57kg、牝馬は表記から-1.5kg
賞金賞金総額700万ドル

ブリーダーズカップクラシック(BCクラシック)はダートの2000mで行われるGI競走です。アメリカ競馬のダート中距離路線の1年を締め括る最高レベルの競走で、実質的にその年のアメリカのダート最強馬決定戦に位置付けられています。

ブリーダーズカップ自体はアメリカの各競馬場での持ち回り開催となっており、馬券目線だと傾向が掴みにくい傾向にあります。

開催数競馬場
第1回ハリウッドパーク競馬場
第2回アケダクト競馬場
第3回サンタニアパーク競馬場
第4回ハリウッドパーク競馬場
第5回チャーチルダウンズ競馬場
第6回ガルフストリームパーク競馬場
第7回ベルモントパーク競馬場
第8回チャーチルダウンズ競馬場
第9回ガルフストリームパーク競馬場
第10回サンタニアパーク競馬場
第11回チャーチルダウンズ競馬場
第12回ベルモントパーク競馬場
第13回ウッドパイン競馬場
第14回ハリウッドパーク競馬場
第15回チャーチルダウンズ競馬場
第16回ガルフストリームパーク競馬場
第17回チャーチルダウンズ競馬場
第18回ベルモントパーク競馬場
第19回アーリントンパーク競馬場
第20回サンタニアパーク競馬場
第21回ローンスターパーク競馬場
第22回ベルモントパーク競馬場
第23回チャーチルダウンズ競馬場
第24回モンマスパーク競馬場
第25回サンタニアパーク競馬場
第26回サンタニアパーク競馬場
第27回チャーチルダウンズ競馬場
第28回チャーチルダウンズ競馬場
第29回サンタニアパーク競馬場
第30回サンタニアパーク競馬場
第31回サンタニアパーク競馬場
第32回キーンランド競馬場
第33回サンタニアパーク競馬場
第34回デルマー競馬場
第35回チャーチルダウンズ競馬場
第36回サンタニアパーク競馬場
第37回キーンランド競馬場
第38回デルマー競馬場
ブリーダーズカップターフの過去データと傾向・予想(BCターフ)【2022】ブリーダーズカップターフの過去データと傾向・予想(BCターフ) ブリーダーズカップフィリー&メアターフの過去データと傾向・予想(BCF&Mターフ)【2022】ブリーダーズカップフィリー&メアターフの過去データと傾向・予想(BCF&Mターフ) ブリーダーズカップマイルの過去データと傾向・予想(BCマイル)【2022】ブリーダーズカップマイルの過去データと傾向・予想(BCマイル)

ブリーダーズカップクラシック(BCクラシック)の過去馬券傾向

馬連3連複3連単
-円-円-円

ブリーダーズカップクラシック(BCクラシック)は海外馬券発売が決まって以降、日本馬の遠征がありませんのでJRAで馬券発売がされておりませんのでデータがありません。

ブリーダーズカップクラシックの性別傾向

性別成績勝率連対率複勝率
5-5-5-488.7%17.4%26.1%
0-0-0-10.0%0.0%0.0%

ブリーダーズカップクラシック(BCクラシック)の性別傾向です。騸馬は牡にカウントしております。牝馬自体の参戦が少ないこともあり傾向としては読みにくいですが、牝馬は意識しなくていいでしょう。

ブリーダーズカップクラシックの年齢別傾向

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳2-2-2-178.7%17.4%26.1%
4歳2-3-4-168.0%20.0%36.0%
5歳2-1-0-1312.5%18.8%18.8%
6歳上0-0-0-30.0%0.0%0.0%

年齢別傾向です。3歳馬と古馬の最高峰のレースですので、3歳及び3歳でレベルの戦いをしてもう一年現役を延長した馬との戦いが中心のため3~4歳が強いレースです。

ブリーダーズカップクラシックの前走傾向

勝ち馬前走
2021年ニックスゴールーカスクラシック 1着
2020年オーセンティックプリークネスS 2着
2019年ヴィーノロッソジョッキークラブGC招待 2着
2018年アクセラレイトオーサムアゲインS 1着
2017年ガンランナーウッドワードS 1着
2016年アロゲートトラヴァーズS 1着

基本的にGIで好走している馬から選びたいレースです。アメリカの3歳馬と古馬が激突する最高レベルの一戦ですのでその前にだらしない競馬をしている馬にチャンスはありません。

ブリーダーズカップクラシックの血統傾向

母父
20211着PaynterOutflanker
2着ProtonicoBrilliant Speed
3着TapitElusive Quality
20201着Into MischiefMr Greeley
2着City ZipA.P. Indy
3着CurlinA.P. Indy
20191着CurlinStreet Cry
2着Street SensePetionville
3着Medaglia D’oroSeattle Slew
20181着Lookin At LuckyAwesome Again
2着Dialed InUnbridled
3着HelmetDubai Destination

そもそもコースも毎年違いますので血統傾向は掴みにくいですが、アメリカのダートNo.1決定戦の一つのレースですので、アメリカの主流血統であることが最低条件となります。

【2022年】ブリーダーズカップクラシックの過去レース映像(動画)

動画・映像
2021年ブリーダーズカップクラシック(YouTube)
2020年ブリーダーズカップクラシック(YouTube)
2019年ブリーダーズカップクラシック(YouTube)
2018年ブリーダーズカップクラシック(YouTube)
2017年ブリーダーズカップクラシック(YouTube)
2016年ブリーダーズカップクラシック(YouTube)

ブリーダーズカップクラシックに出走した日本馬の成績一覧・結果

馬名着順
1996年タイキブリザード(牡5)[岡部幸雄]13着
1997年タイキブリザード(牡6)[岡部幸雄]6着
2004年パーソナルラッシュ(牡3)[デットーリ]6着
2008年カジノドライヴ(牡3)[エスピノーザ]12着
2010年エスポワールシチー(牡5)[佐藤哲三]10着

頭数こそ多くありませんが、日本馬が夢破れてきたレースです。

ブリーダーズカップクラシック(BCクラシック)・歴代優勝馬

年/回タイム勝ち馬(騎手/調教師/調教国)
2021年
(第38回)
1:59.57ニックスゴー/Knicks Go(牡5)
(J・ロザリオ/B・コックス/アメリカ)
2020年
(第37回)
1:59.60オーセンティック/Authentic(牡3)
(J・ヴェラスケス/B・バファート/アメリカ)
2019年
(第36回)
2:02.80ヴィーノロッソ/Vino Rosso(牡4)
(I・オルティスJr/T・プレッチャー/アメリカ)
2018年
(第35回)
2:02.93アクセラレート/Accelerate(牡5)
(J・ロザリオ/J・サドラー/アメリカ)
2017年
(第34回)
2:01.29ガンランナー/Gun Runner(牡4)
(F・ジェルー/S・アスムッセン/アメリカ)
2016年
(第33回)
2:00.11アロゲート/Arrogate(牡3)
(M・スミス/B・バファート/アメリカ)
2015年
(第32回)
2:00.07アメリカんファラオ/American Pharoah(牡3)
(V・エスピノーザ/B・バファート/アメリカ)
2014年
(第31回)
1:59.88バイエルン/Bayern(牡3)
(M・ガルシア/B・バファート/アメリカ)
2013年
(第30回)
2:00.72ムーチョマッチョマン/Mucho Macho Man(牡5)
(G・スティーブンス/K・リトヴォ/アメリカ)
2012年
(第29回)
2:00.11フォートラーンド/Fort Larned(牡4)
(B・ヘルナンデスJr/I・ウィルクス/アメリカ)
2011年
(第28回)
2:04.27ドロッセルマイヤー/Drosselmeyer(牡4)
(M・スミス/W・モット/アメリカ)
2010年
(第27回)
2:02.08ブレイム/Blame(牡4)
(G・ゴメス/A・ストール/アメリカ)
2009年
(第26回)
2:00.62ゼニヤッタ/Zenyatta(牝5)
(M・スミス/J・シレフス/アメリカ)
2008年
(第25回)
1:59.27レイヴンズパス/Raven’s Pass(牡3)
(L・デットーリ/J・ゴスデン/イギリス)
2007年
(第24回)
2:00.59カーリン/Curlin(牡3)
(R・アルバラード/S・アスムッセン/アメリカ)
2006年
(第23回)
2:02.18インヴァソール/Invasor(牡4)
(F・ハラ/K・マクローリン/アメリカ)
2005年
(第22回)
2:01.49セイントリアム/Saint Liam(牡5)
(J・ベイリー/R・デュトロウJr/アメリカ)
2004年
(第21回)
1:59.02ゴーストザッパー/Ghostzapper(牡4)
(J・カステラーノ/R・フランケル /アメリカ)
2003年
(第20回)
1:59.88プレザントリーパーフェクト/Pleasantly Perfect(牡5)
(A・ソリス/R・マンデラ/アメリカ)
2002年
(第19回)
2:01.39ヴェルポニ/Volponi(牡4)
(J・サントス/P・ジョンソン/アメリカ)
2001年
(第18回)
2:00.62ディズナウ/Tiznow(牡4)
(C・マッキャロン/J・ロビンス/アメリカ)
2000年
(第17回)
2:00.75ディズナウ/Tiznow(牡3)
(C・マッキャロン/J・ロビンス/アメリカ)
1999年
(第16回)
1:59.52キャットシーフ/Cat Thief(牡3)
(P・デイ/D・ルーカル/アメリカ)
1998年
(第15回)
2:02.16オーサムアゲイン/Awesome Again(牡4)
(P・デイ/P・バーン/アメリカ)
1997年
(第14回)
1:59.16スキップアウェイ/Skip Away(牡4)
(M・スミス/H・ハイン/アメリカ)
1996年
(第13回)
2:01.00アルファベットスープ/Alphabet Soup(牡5)
(C・マッキャロン/D・ホフマンズ/アメリカ)
1995年
(第12回)
1:59.58シガー/Cigar(牡5)
(J・ベイリー/W・モット/アメリカ)
1994年
(第11回)
2:02.41コンサーン/Concern(牡3)
(J・ベイリー/R・スモール/アメリカ)
1993年
(第10回)
2:00.83アルカング/Arcangues(牡5)
(J・ベイリー/A・ファーブル/フランス)
1992年
(第9回)
2:00.20エーピーインディ/A.P. Indy(牡3)
(E・デラフーセイ/N・ドライスデール/アメリカ)
1991年
(第8回)
2:02.95ブラックタイアフェアー/Black Tie Affair(牡5)
(J・ベイリー/N・プーロス/アメリカ)
1990年
(第7回)
2:02.20アンブライドルド/Unbridled(牡3)
(P・デイ/C・ナフツガー/アメリカ)
1989年
(第6回)
2:00.20サンデーサイレンス/Sunday Silence(牡3)
(C・マッキャロン/C・ウィッティンガム/アメリカ)
1988年
(第5回)
2:04.80アリシーバ/Alysheba(牡4)
(C・マッキャロン/J・ヴァン・バーグ/アメリカ)
1987年
(第4回)
2:01.40ファーディナンド/Ferdinand(牡4)
(W・シューメイカー/C・ウィッティンガム/アメリカ)
1986年
(第3回)
2:00.40スカイウォーカー/Skywalker(牡4)
(L・ピンカイJr/M・ウィッティンガム/アメリカ)
1985年
(第2回)
2:00.80プラウドトゥルース/Proud Truth(牡3)
(J・ヴェラスケス/J・ヴェイチ/アメリカ)
1984年
(第1回)
2:03.40ワイルドアゲイン/Wild Again(牡4)
(P・デイ/V・ティンフォニー/アメリカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です