【2022年】東京大賞典の過去傾向データと馬券予想

東京大賞典の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年12月に東京大賞典が開催されます。このページでは東京大賞典の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】東京大賞典の概要と馬券のポイント

【大井】ダート2000mコースイメージ

レース名東京大賞典(とうきょうだいしょうてん)
格付けJpnI(GI)
コース大井 ダート2000m
条件サラ系3歳上(国際交流競走)
1着賞金8,000万円

東京大賞典は大井ダート2000mで行われる3歳以上の国際交流重賞競走(JpnI)です。GIレースということで、中央のメンツもそうですが地方のメンバーも一線どころが集まります。まさに日本のダート王者決定戦の一つと言えます。

大井ダート2000mは東京ダービーや帝王賞など大井の大レースで使われるコースで、ほぼ1周を回りながら直線も長いため、紛れが比較的少ないコースです。1コーナーまでの距離は約500mでポジションは定まりやすく、最後の直線は地方で最長の386mあり、力を発揮しやすいコースです。

東京大賞典の配当傾向

単勝馬連3連複3連単
2021180円490円2,770円6,590円
2020130円2,200円4,010円12,530円
2019280円4,100円7,550円38,690円
2018370円340円250円1,400円
2017470円970円690円4,470円
20161,630円1,050円590円10,780円
2015390円430円2,920円8,650円
2014170円300円4,310円10,170円
2013160円240円160円560円
2012260円1,040円390円2,940円

過去10年の東京大賞典の配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。手を広げすぎないことと、組み合わせに注意したいレースです。

あとは年末のグランプリということで普段より参加者が多いせいか、枠単に妙味があることがありますので注意しましょう。

東京大賞典の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 過去10年ではJRAが優勢も昨年は馬券絡みもあり。
  2. 枠は1枠が不利。それ以外はそんなに影響しないレース。
  3. 血統傾向はゴールドアリュール、フレンチデピュティが優勢。

東京大賞典の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021オメガパフューム牡62:04.1
2020オメガパフューム牡52:06.9
2019オメガパフューム牡42:04.9
2018オメガパフューム牡32:05.9
2017コパノリッキー牡72:04.2
2016アポロケンタッキー牡42:05.8
2015サウンドトゥルー牡52:03.0
2014ホッコータルマエ牡52:03.0
2013ホッコータルマエ牡42:06.6
2012ローマンレジェンド牡42:05.9

東京大賞典の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見ても日本を代表するダート王者が勝っており力のいるレースとなっております。。

東京大賞典の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-3-130%60%90%
2番人気2-4-2-220%60%80%
3番人気4-2-1-340%60%70%

過去10年の東京大賞典の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1〜3番人気が優勢で基本的に人気馬を信頼するレースで良いと思います。

東京大賞典のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率複勝率連対率
JRA10-9-8-3815%29%42%
地方0-1-2-730%1%4%
海外0-0-0-10%0%0%

過去10年の東京大賞典の傾向です。交流重賞らしく年末のグランプリと言えど、JRA勢が強い傾向にあります。

※海外馬は2014年ソイフェットが参戦(最下位)

東京大賞典の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳1-1-0-137%13%13%
4歳4-1-3-2512%15%24%
5歳2-1-1-1610%15%20%
6歳1-2-4-223%10%24%
7歳~2-5-2-364%16%20%

馬齢別については幅広い年齢の馬が馬券に絡んでいます。年によってペースが1秒くらい違うので、緩んだ年は高齢馬でも走りやすいというのが要因だと思います。

東京大賞典の枠順別の勝率・連対率・複勝率

項目成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-1-130%0%7%
2枠0-1-1-130%7%13%
3枠2-0-2-1312%12%24%
4枠2-3-1-1211%28%33%
5枠2-1-1-1511%16%21%
6枠2-0-2-1511%11%21%
7枠2-4-1-1310%30%35%
8枠0-1-1-180%5%10%

枠順別のデータを見ると、1枠が鬼門で真ん中から外枠がやや有利です。ただこのレースに関しては上位半分と下位半分の力差もありますので、1枠以外はあまり深く考える必要はないかもしれません。

東京大賞典のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.7秒
3F12.6秒
4F13.2秒
5F12.8秒
6F12.5秒
7F12.6秒
8F12.9秒
9F12.0秒
10F12.8秒

東京大賞典のラップ傾向です。平均化するとそこまで顕著な傾向には見えませんが、3F目のコーナーで大きくラップが落ちる年とそうでないとしがあり、ラップが落ちた場合は先行馬有利、ラップが落ちない場合は好位差しが優勢になります。

東京大賞典の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着スウェプトオーヴァーボードゴールドアリュール
2着ディープスカイブライアンズタイム
3着ネオユニヴァースMarquetry
20201着スウェプトオーヴァーボードゴールドアリュール
2着カジノドライヴベストタイアップ
3着ネオユニヴァースMarquetry
20191着スウェプトオーヴァーボードゴールドアリュール
2着トワイニングアグネスタキオン
3着バトルプランフレンチデピュティ

東京大賞典の近3年の血統傾向です。3連覇している馬がいるので血統よりも個体の能力影響が大きいですが、強いていうならゴールドアリュール、フレンチデピュティが目立ちますかね

東京大賞典の傾向まとめ

グランプリいうことでメンバーは豪華。JRA勢も地方馬も力あるメンバーが揃うチャンピオン決定戦一つです。JRA勢は若い馬の参加が少なく、4~6歳あたりがボリュームゾーンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です