【2023年】名古屋大賞典の過去傾向データと馬券予想

名古屋大賞典の過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年3月に名古屋大賞典が開催されます。このページでは名古屋大賞典の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。なお、2023年から新コースに移転しているので、今年のデータは一部旧コースのものとなります。

※データについてはNARが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】名古屋大賞典の概要と馬券のポイント

【名古屋】ダート1900mコースイメージ

名称名古屋大賞典(なごやだいしょうてん)
格付けJpnIII(GIII)
コース名古屋 ダート1900m
条件サラ系4歳上・別定戦
賞金1着 2,100万円

名古屋大賞典は名古屋競馬場ダート1900mで行われる4歳以上の地方交流重賞競走(JpnIII)です。GIのフェブラリーステークス翌週であることや、3月に複数の地方交流があるということでメンバーは手薄です。

名古屋大賞典の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. JRAが優勢。
  2. 枠は内枠が有利に働くレース。
  3. 近10年は4歳馬が狙い目。

名古屋大賞典のコース解説

名古屋ダート1900mは名古屋競馬場を1周半するコース形態です。直線までの距離は約260mと1コーナーまでの距離がないため、ポジション争い地方の競馬場の中では激化します。直線は194mと地方では最も短い長さとなります。どうしても道中のペースが落ちやすいため、前の方に付けられる脚が必要です。

名古屋競馬場の詳細データはこちら

名古屋大賞典の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022クリンチャー牡82:03.4
2021クリンチャー牡72:00.0
2020ロードゴラッソ牡52:02.0
2019グリム牡42:02.1
2018サンライズソア牡42:02.4
2017ケイティブレイブ牡42:02.5
2016アウォーディー牡62:01.2
2015メイショウコロンボ牡62:00.8
2014ダノンカモン牡82:01.9
2013ホッコータルマエ牡41:59.8

名古屋大賞典の過去10年の勝ち馬です。後にGIで勝ち負けする馬やGIからの転戦組が好成績ですね。

名古屋大賞典の歴代の優勝馬・勝ち馬一覧

かなり長くなりますので、確認をしたい方は以下のタブを開いて確認してください。

勝馬馬齢タイム騎手
2021クリンチャー牡72:00.0川田将雅
2020ロードゴラッソ牡52:02.0川田将雅
2019グリム牡42:02.1武豊
2018サンライズソア牡42:02.4M.デムーロ
2017ケイティブレイブ牡42:02.5福永祐一
2016アウォーディー牡62:01.2武豊
2015メイショウコロンボ牡62:00.8武幸四郎
2014ダノンカモン牡82:01.9川田将雅
2013ホッコータルマエ牡41:59.8幸英明
2012ニホンピロアワーズ牡52:01.4幸英明
2011エスポワールシチー牡61:58.4佐藤哲三
2010ラヴェリータ牝42:02.1岩田康誠
2009スマートファルコン牡42:01.8岩田康誠
2008メイショウトウコン牡62:00.6武幸四郎
2007アルドラゴン牡62:04.4藤田伸二
2006ドンクール牡42:00.6岩田康誠
2005クーリンガー牡62:01.5和田竜二
2004クーリンガー牡52:01.2和田竜二
2003マルカセンリョウ牡52:01.2上松瀬竜一
2002トーホウエンペラー牡62:01.9菅原勲
2001マンボツイスト牡62:00.6四位洋文
2000オースミジェット牡62:02.3四位洋文
1999オースミジェット牡52:01.9四位洋文
1998メイショウモトナリ牡42:03.2安田康彦
1997メイショウアムール牡62:01.2河内洋
1996キョウトシチー牡52:02.6松永幹夫
1995ポスターフェイス牡62:02.3青木達彦
1994ウットマン牡42:03.6濱口楠彦
1993ロングニュートリノ牡82:03.0松原義夫
1992ベッスルエース牡42:01.3安藤光彰
1991ハヤブサモン牡62:02.9安部幸夫
1990ハヤブサモン牡52:01.0安部幸夫
1989フエートノーザン牡62:04.7安藤勝己
1988
1987ワカオライデン牡62:02.7井上孝彦
1986グレートローマン牡52:01.4田中敏和
1985カウンテスアツプ牡42:01.2安藤勝己
1984マツノセイザン牡42:01.2安藤勝己
1983ミヤジダケオー牡52:02.6田中敏和
1982ゴールドレツト牡32:02.0原口次夫
1981ハローキング牡62:02.2田中敏和
1980イチコンコルドオウ牡62:01.5坂本敏美
1979ダイタクチカラ牡51:59.7山田義男
1978スズカオーヒメ牝52:03.5白坂芳文
1977ブレーブボーイ牡32:02.7山田義男

名古屋大賞典の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気6-2-1-160%80%90%
2番人気0-5-2-30%50%70%
3番人気3-0-1-630%30%40%

名古屋大賞典の2001年以降の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。JRA勢が上位人気になりますので1番人気が優勢で基本的に人気馬(JRA勢)を信頼するレースで良いと思います。構造的な問題ですので、コースが変わってもこの傾向は変わらないと思います。

名古屋大賞典の配当傾向

単勝3連複3連単
2022140円900円1,960円
2021130円530円2,400円
2020410円260円1,920円
2019190円390円1,060円
2018200円2,090円5,080円
2017450円3,410円14,760円
2016140円580円1,880円
2015480円200円1,710円
2014390円680円2,960円
2013120円680円970円
平均265円972円3,470円

過去10年の名古屋大賞典の配当傾向です。地方交流戦ということでJRA勢が人気になり、人気に応えるケースが多いのでやはり堅い傾向です。手を広げすぎないことと、組み合わせに注意したいレースです。

名古屋大賞典のJRA馬と地方馬の勝率・連対率・複勝率

所属成績勝率連対率複勝率
JRA10-10-8-1921%43%60%
地方0-0-2-670%0%3%

名古屋大賞典のJRA勢と地方勢の成績です。JRA勢が圧倒的ですね。基本的に地方馬の台頭は難しいレースの一つです。構造的な問題ですので、コースが変わってもこの傾向は変わらないと思います。

名古屋大賞典の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳4-3-5-820%35%60%
5歳1-1-2-194%9%17%
6歳2-3-1-188%21%25%
7歳~3-3-2-416%12%16%

馬齢別については4歳が好成績です。特に近10年で言うと数字が倍近くになりますので、まずは4歳を見つけたら馬券に加えたいところです。構造的な問題ですので、コースが変わってもこの傾向は変わらないと思います。

名古屋大賞典の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-0-100%0%0%
2枠 1-2-0-710%30%30%
3枠 0-0-0-100%0%0%
4枠 0-1-3-60%10%40%
5枠 4-0-2-1222%22%33%
6枠 2-3-1-1311%26%32%
7枠 1-3-4-115%21%42%
8枠 2-1-0-1710%15%15%

枠順別のデータを見ると、内枠が優勢のレースです。まずは内枠から馬券検討を開始しましょう。ただし、新コースになりますので参考程度に。

名古屋大賞典のラップ傾向

ハロンタイム
-秒

名古屋大賞典のラップ傾向については正確な計測が難しいため割愛します。

名古屋大賞典の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ディープスカイブライアンズタイム
2着パイロSeeking the Gold
3着ロードカナロアディープインパクト
20211着ディープスカイブライアンズタイム
2着ロージズインメイキングカメハメハ
3着ダノンバラードナリタトップロード
20201着ハーツクライKingmambo
2着ステイゴールドパントレセレブル
3着ヨハネスブルグマンハッタンカフェ
20191着ゼンノロブロイサクラバクシンオー
2着キンサシャノキセキワイルドラッシュ
3着アイルハヴアナザーフジキセキ

名古屋大賞典の近3年の血統傾向です。血統よりも個体の傾向差大きいレースであまり特徴はありません。もともと血統的な特徴がないレースですので、新コースにおいては参考程度に。

【2023年】名古屋大賞典の傾向まとめ

3月は2月のフェブラリーステークス後であることや、地方交流競走が多く組まれていることもありメンバーがばらけます。基本的には人気馬信頼の傾向が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です