ノーネイネヴァー【世界の名馬集】

ノーネイネヴァー【世界の名馬集】

現役時代のGIタイトルはモルニ賞の1勝終わった「ノーネイネヴァー」

しかし現役時代以上に種牡馬としての活躍が目覚しいことや、スキャットダディの後継種牡馬の一頭として現在では人気種牡馬になっています。

ノーネイネヴァー(No Nay Naver)の現役時代

ウートンバセット
画像引用:クールモア

馬名(英名)ノーネイネヴァー(No Nay Naver)
生年月日2011年3月1日
生産地アメリカ
生産者Jayne Doi Johnson & David Sparrow
性別
毛色鹿毛
調教師Wesley A. Ward
馬主Ice Wine Stable, Susan Magnier
競走戦績6戦4勝(GI 1勝)

父Scat Daddy、母Cat’s Eye Witness(母父 Elusive Quality)の配合から産まれたノーネイネヴァーは、2011年11月のキーンランドの市場に上場され、17万ドル(当時のレートで約1360万円)で取引された。その後、翌年9月の1歳馬セールでの落札価格は9万5000ドル(当時のレートで約760万円)で落札。

アイスワイン・ステーブル(Ice Wine Stable)とクールモアの共同所有として米国で1勝後、米国馬ながら欧州遠征を敢行し英国G2のノーフォークステークスとフランスG1モルニ賞を勝利。以降はアメリカに戻り3戦1勝2着2回という成績でブリーダーズカップ・ターフスプリント2着を最後に現役を終える。

現役時代にクールモアが権利を買っていたこともあり、2015年にアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬入りした。初年度の種付け料は2万5000ユーロに設定される。

ノーネイネヴァー(No Nay Naver)の種牡馬としての活躍

引退後はアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬入りし、初年度産駒の仕上がりがよく25頭以上の勝ち上がり馬を輩出。初年度産駒の中から、2018年ミドルパークステークスや2019年のジュライカップを制したテンソヴリンズを輩出し、人気種牡馬になる。

世界的名種牡馬となっていた父Scat Daddy(スキャットダディ)の急死もあり、初年度の種付料2万5千ユーロから2019年には10万ユーロ、2021年現在は12万5千ユーロと年々上昇している。サドラーズウェルズの血を持っていない交配のしやすさもクールモアはウリとしている。

2020年の産駒もセールで高値で取引されており、翌年以降が楽しみな種牡馬の1頭。

ノーネイネヴァーの代表産駒
  • Ten Sovereigns(ミドルズパークS、ジュライカップ)
  • Wichita(パークS)
  • Alcohol FreeチェヴァリーパークS、コロネーションS)
  • ユニコーンライオン(鳴尾記念)

ノーネイネヴァー(No Nay Naver)の血統

Scat Daddyヨハネスブルグヘネシー
Myth
Love StyleMr Prospector
Likeable Style
Cat’s Eye WitnessElusive QualityGone West
Touch of Greatness
Comical CatExceller
Six Months Long

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です