【2022年】大和ステークスの過去傾向データと馬券予想

大和ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年2月に大和ステークス(大和S)が開催されます。このページでは大和ステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】大和ステークスの概要と馬券のポイント

【京都】ダート1200mコースイメージ

レース名大和ステークス(大和S)
格付けオープン
コース京都ダート1200m阪神ダート1200m
条件サラ系4歳上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金2,200万円

大和ステークスは京都ダート1200mで行われるオープン競走です。今年は京都競馬場の改修に伴い阪神ダート1200mで行われます。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響

【2022年】大和ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は平均的。
  2. 枠順の傾向は外枠がやや優勢。
  3. 血統傾向はミスプロ系・ボールドルーラー系

【2022年】大和ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021リュウノキズナ牡61:11.4
2020スズカコーズライン牡61:09.8
2019ヤマニンアンプリメ牝51:10.7
2018ナンチンノン牡71:10.8
2017ワディ牝61:11.2
2016スーザンジョイ牡41:23.5
2015キクノストーム牡61:23.3
2014マルカフリート牡81:22.8
2013マルカフリート牡71:23.6
2012トウショウカズン牡51:23.5

大和ステークスの過去10年の勝ち馬です。2017年から距離が1200mになりハンデ戦に変更となっています。

【2022年】大和ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-4-1-230%70%80%
2番人気1-1-0-810%20%20%
3番人気1-3-2-410%40%60%

大和ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~3番人気は平均的な活躍になっているので、まずは上位人気の取捨選択をするレースです。

【2022年】大和ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳1-2-0-710%30%30%
5歳4-5-2-1615%33%41%
6歳2-3-2-504%9%12%
7歳2-0-2-228%8%15%
8歳1-0-1-195%5%10%
9歳~0-0-3-80%0%27%

馬齢別では5歳がやや優勢ですが、オープン特別競走らしく高齢馬でも馬券絡みがあります。

【2022年】大和ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-0-146%13%13%
2枠1-3-1-136%22%28%
3枠1-1-2-146%11%22%
4枠1-1-0-185%10%10%
5枠1-2-0-175%15%15%
6枠2-0-2-1610%10%20%
7枠2-1-1-1610%15%20%
8枠1-1-4-145%10%30%

枠順別のデータを見ると外枠が率では優勢です。ただし内の枠がダメという傾向にはありませんので外枠だけにこだわるレースでもないでしょう。フラットに考えて良いレースだと思います。

【2022年】大和ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.3秒
2F10.8秒
3F11.3秒
4F11.7秒
5F12.1秒
6F12.5秒

大和ステークスのラップ傾向です。前傾ラップの傾向にあります。ただし今年は阪神に変わっていますので注意。

阪神競馬場|ダート1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神ダート1200mの傾向データと特徴[2021年版]

【2022年】大和ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ヴァーミリアンクロフネ
2着ViolenceBernardini
3着カジノドライヴWild Rush
20201着スズカコーズウェイFortunate Prospect
2着サウスヴィグラスボストンハーバー
3着Fusaichi PegasusAfternoon Deelites
20191着シニスターミニスターサンデーサイレンス
2着クロフネアグネスタキオン
3着カジノドライヴスペシャルウィーク

大和ステークスの近3年の血統傾向です。ミスプロ系が活躍しています。またボールドルーラー系の活躍も目立ちます。ただコース替りで傾向が変化していると思われます。

【2022年】大和ステークスの傾向まとめ

今年は京都から阪神にコースが変更となっています。血統傾向が顕著だったレースですが、この傾向は使いにくくなります。どちらかというと、本レース傾向よりもコース自体の傾向を意識した方がいいかもれません。

阪神競馬場|ダート1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神ダート1200mの傾向データと特徴[2021年版] フェブラリーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】フェブラリーステークスの過去傾向データと馬券予想 ダイヤモンドステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ダイヤモンドステークスの過去傾向データと馬券予想 小倉大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】小倉大賞典の過去傾向データと馬券予想 京都牝馬ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】京都牝馬ステークスの過去傾向データと馬券予想 ヒヤシンスステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ヒヤシンスステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です