【2022年】名古屋城ステークスの過去傾向データと馬券予想

名古屋城ステークスの過去傾向データと馬券予想

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年3月に名古屋城ステークス(名古屋城S)が開催されます。このページでは名古屋城ステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】名古屋城ステークスの概要と馬券のポイント

【中京】ダート1800mコースイメージ

レース名名古屋城ステークス(名古屋城S)
格付けオープン
コース中京ダート1800m
条件サラ系4歳上(国際)(特指)・別定戦
1着賞金2,200万円

名古屋城ステークスは中京ダート1800mで行われるオープン競走です。2021年からオープン競走に昇格しました。過去の開催条件がかなりバラバラですのでデータは参考にならないかもしれません。ここではダート1800mになってからの傾向値を重要視しています。

(参考)
2021年 ダート1800m(OP)
2020年 ダート1800mハンデ戦(以下3勝クラス)
2019年 ダート1800m定量戦
2018年 ダート1800mハンデ戦
2012~2016年 芝2200m定量戦
2010年 ダート1700mハンデ戦

【2022年】名古屋城ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低い。
  2. 枠順の傾向は内枠がやや優勢。
  3. 血統傾向はボールドルーラー系

【2022年】名古屋城ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021テーオーケインズ牡41:49.3
2020オーヴェルニュ牡41:48.9
2019アイファーイチオー牡51:53.0
2018ノーブルサターン牡41:53.1
2017スズカリバー牡51:52.7
2016グリュイエール牡42:09.9
2015リベルタス牡72:15.2
2014アドマイヤブルー牡52:23.0
2013カワキタフウジン牡82:14.7
2012トウカイパラダイス牡52:18.8

名古屋城ステークスの過去10年の勝ち馬です。かなり開催条件が変更となっておりますので参考程度に。

(再掲)
2021年 ダート1800m(OP)
2020年 ダート1800mハンデ戦(以下3勝クラス)
2019年 ダート1800m定量戦
2018年 ダート1800mハンデ戦
2012~2016年 芝2200m定量戦
2010年 ダート1700mハンデ戦

【2022年】名古屋城ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-0-1-711%11%22%
2番人気0-2-0-70%22%22%
3番人気0-4-2-30%44%67%

名古屋城ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~3番人気は平均的な活躍になっているので、まずは上位人気の取捨選択をするレースです。

【2022年】名古屋城ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳2-3-1-227%18%21%
5歳5-5-4-2413%26%37%
6歳0-1-2-250%4%11%
7歳1-0-1-108%8%17%
8歳1-0-1-810%10%20%
9歳~0-0-0-10%0%0%

馬齢別では5歳がやや優勢ですが、オープン特別競走らしく高齢馬でも馬券絡みがあります。

【2022年】名古屋城ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-1-0-917%25%25%
2枠0-1-0-120%8%8%
3枠1-2-3-78%23%46%
4枠1-0-1-118%8%15%
5枠1-1-0-127%14%14%
6枠0-2-1-130%13%19%
7枠2-1-2-1311%17%28%
8枠2-1-2-1311%17%28%

枠順別のデータを見ると外枠が率では優勢ですがこの数字は芝時代の物が多いため、ダートに変わってからの傾向である内枠優勢で考えた方がいいと思います。。

【2022年】名古屋城ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.8秒
2F11.2秒
3F13.0秒
4F12.9秒
5F12.7秒
6F12.3秒
7F12.4秒
8F12.1秒
9F12.7秒

名古屋城ステークスのラップ傾向です。中盤から持続的なラップになる傾向です。オープンに上がることで0.2~0.3秒程度はこれよりも早くなるかもしれません。

【2022年】名古屋城ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着シニスターミニスターマンハッタンカフェ
2着バトルプランダンスインザダーク
3着ゴールドアリュールGulch
20201着スマートファルコンタニノギムレット
2着ブラックタキシードワレンダー
3着キングカメハメハフジキセキ
20191着シニスターミニスターデヒア
2着アイルハヴアナザーマンハッタンカフェ
3着ストーミングホームSingspiel

名古屋城ステークスの近3年の血統傾向です。ボールドルーラー系が目立ちますね。あまり分母も多くないでしょうから見つけたらケアしましょう。

【2022年】名古屋城ステークスの傾向まとめ

開催条件が変更となっているので、過去傾向からの予想が難しいレースです。ダート1800mに変わってからの傾向としては、人気馬は不振で外枠優勢。ボールドルーラー系が目立つという傾向ですので、オープンに昇格してこの傾向が続くか注目です。

中京競馬場|ダート1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京ダート1800mの傾向データと特徴[2021年版] フラワーカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】フラワーカップの過去傾向データと馬券予想 ファルコンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ファルコンステークスの過去傾向データと馬券予想 若葉ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】若葉ステークスの過去傾向データと馬券予想 スプリングステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】スプリングステークスの過去傾向データと馬券予想 阪神大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】阪神大賞典の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です